ここから本文です

横山裕が「ON」で印象的だった波瑠の秘話を明かす

Smartザテレビジョン 9/6(火) 6:00配信

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(毎週火曜夜10:00-10:54フジテレビ系)が、9月6日(火)に最終回を迎える。

【写真を見る】比奈子(波瑠)の前に因縁の相手・永久(芦名星)が現れる

最終回では、都夜(佐々木希)を追っていた片岡(高橋努)が、比奈子(波瑠)の目の前で切りつけられてしまう。片岡を切りつけたのは高校生だった比奈子にナイフを手渡した永久(芦名星)で、ぼうぜんとする比奈子に何事かを語り掛けると姿を消す。

一方、ホテルから姿を消していた東海林(横山裕)は、永久に拉致・監禁されていた…という内容。

最終回を前に、波瑠と横山の取材会が行われた。

波瑠は主人公・比奈子を演じた感想を「初めて気持ちに揺れ動きのない役を演じて、ある意味すごく人間離れしているというか、普段頼ってお芝居している手掛かりみたいなものがないんだと途中で気付きました。結末に向けての逆算をしながら演じて、すごく頭を使う役だと思いました」と語った。

一方、横山は「僕は立ち回りが楽しかったです。でも、第7話の撮影でモロ師岡さんの顔面を思いっ切り殴ってしまって、すっごい申し訳なかったです」とアクションシーンについて振り返った。

また、撮影中の印象的なエピソードを尋ねると、横山から「波瑠ちゃんが『どこに住んでるんですか?』って聞いてきて。僕は答えてからコミュニケーションの一環やなと思って『波瑠ちゃんはどこに住んでんの?』って軽い気持ちで聞き返したら、『何で教えなきゃいけないんですか』って(笑)。もう衝撃でしたね」と、波瑠の驚きのエピソードが明かされた。

そして、最終回のストーリーについて「(台本を読んで)単純に、何て大変そうなシーンが多いんだろうと(笑)。そう思ってしまうくらい、見応えのあるシーンは多いと思います」(波瑠)、「永久と比奈子の関係性だったり、本当に盛りだくさんです」(横山)と、それぞれ見どころをアピールした。

最終更新:9/6(火) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円