ここから本文です

仏像ガールでなくてもハマる「なりきり仏像」ニット帽

東京ウォーカー 9/6(火) 8:00配信

秋冬のファッションアイテムとして、ニットキャップを愛用している人も多いのでは。今年は一風変わった製品も登場。テーマはなんと「仏像」だ。

【写真を見る】耳パーツを留めれば、普段使いのかわいいニットキャップに。「なりきり仏像スタイル!らほつニットキャップ」2700円(税抜)

通販サイトフェリシモでは、「フェリシモおてらぶ」というカルチャーコミュニティを作っている。近年は仏像ガールという単語が生まれるほど、女性の間で仏像や仏教に対しての関心が高まっているようだ。それに伴ってなのか、「フェリシモおてらぶ」では仏教に関するグッズの販売を開始した。

そのうちの1つが「なりきり仏像スタイル!らほつニットキャップ」だ。これは螺髪、つまり仏の頭の形をイメージして作られており、耳パーツを下ろして髪の毛をニット帽の中に収めることで、仏像になりきることができる。耳パーツはボタンが付いており、帽子に留めることで普通のニット帽として活用することも可能だ。仏像ガールであれば「絵心経マスキングテープセット」などのほかアイテムにも注目したい。

ニット帽のカラーは寺で見かける石像のようなグレーのほか、レッド、ネイビー、アイボリーとカラーも豊富なので、仏教に興味がない人でもかぶりやすい。ちなみにレッドは蓮華、ネイビーは作務衣、アイボリーは塑像と、こちらも仏教を意識している。シンプルなカラーゆえに、コーディネートもしやすい。今年の秋冬にはファッションの新たな境地を開いてみるのもよいかも? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/6(火) 8:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。