ここから本文です

℃-ute、五輪メダルの重さにたまらず絶叫!!

Smartザテレビジョン 9/6(火) 8:00配信

先月解散を発表したアイドルグループ・℃-uteが昨日、日本武道館にて『℃-ute12年目突入記念 ~℃-Fes!Part1 9月5日も℃-uteの日 at日本武道館~』を開催した。

【写真を見る】嵐に巻き込まれたかのように全身にびっしょりと汗をかきながら熱唱する矢島舞美

その会場に、リオ五輪女子レスリングメダリストの吉田沙保里選手、伊調馨選手、登坂絵莉選手がサプライズゲストとして登場。今回の共演は、℃-uteが歌う日本レスリング協会公認応援ソング「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」や選手団賛歌「ありがとう ~無限のエール~」が縁で実現した。リーダーの矢島舞美は「テレビで見た人たちが目の前にいる」と汗をかきながら大興奮。吉田らからメダルが手渡されると、その重さにメンバーらは絶叫した。

来年にグループの解散を発表した℃-uteは、これまでリリースした全シングル曲を歌い上げ、アンコールを含めた全43曲を披露。今までのコンサートで全楽曲が歌われたことはなく、今回が初の試み。MCで、岡井千聖は曲中の立ち位置を間違えたことをメンバーに暴露。「12年経っても私はあまり変わってないなぁ~」と自虐ネタで会場に笑いを誘った。なお、楽曲は事前にファン投票が行われており、1位は「Kiss me 愛してる(2011年2月23日リリース)」が選ばれた。

10月からはコンサートツアーが予定されており、℃-uteは来年の6月に実施するさいたまスーパーアリーナ公演まで全力で活動に取り組む。

最終更新:9/6(火) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。