ここから本文です

東京で大人気の「時かけカフェ」、名古屋パルコに限定オープン!

東京ウォーカー 9/6(火) 12:00配信

2006年7月の映画『時をかける少女』の劇場公開から10年。細田守監督の作品は、夏に子どもと大人が一緒に楽しめるアニメーション映画の代名詞となった。

【写真を見る】映画『バケモノの子』で九太にいつも寄り添っていたチコが、冷えた体を”ほっと”温めてくれる「チコの“ほっと”するホットココア」(税抜680円)

その第一歩となった『時をかける少女』公開から10年の節目を迎えた今年、細田作品の制作拠点であるスタジオ地図との初のコラボカフェ「時をかける少女カフェ」(時かけカフェ)がオープン。最大7時間待ちを記録した渋谷パルコに続いて、10月6日(木)から11月8日(火)までの期間限定で、名古屋パルコにも同カフェが登場する。

時かけカフェには『時をかける少女』をはじめ、『サマーウォーズ』(2009年)や『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)、昨年夏に公開された『バケモノの子』といった細田作品に登場する料理や、キャラクターたちをモチーフにしたオリジナルメニューが勢ぞろい。名古屋パルコでは、「アメリケーヌクリームパスタ ~調理実習で真琴が上手に作れなかった海老の天ぷらのせ~ 時かけカフェ限定サラダボウル付」(税抜1680円)や、「チコの“ほっと”するホットココア」(税抜680円)など、初出しメニューも用意されるという。

また、カフェの店内は、『時をかける少女』の世界に足を踏み入れたようなデザインになっており、絵筆で描かれた背景美術や場面写真なども展示される。さらにオフィシャルグッズを取り扱う「スタジオ地図SHOP」も併設し、時かけカフェでしか買えない限定グッズも登場。

細田作品と同様に、子どもと大人が一緒に楽しめる「時かけカフェ」。細田作品の世界観にどっぷり浸りながら食事を楽しむのは、この上ない体験になること間違いなし。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/6(火) 12:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。