ここから本文です

「なぜ死に魅入られてしまったのか?」プリンセスたちと摂食障害の深い関係。

BEST TIMES 9/6(火) 0:00配信

「瘦せることがすべて」。そんな生き方をする女性たちがいます。

いわゆる摂食障害により、医学的に見て瘦せすぎている女性のことですが、そんな彼女たちを「瘦せ姫」と呼ばせてもらっています。

彼女たちはある意味、病人であって病人ではないのかもしれません。

というのも、人によってはその状態に満足していたりしますし、あるいは、かつてそうだったことに郷愁を抱く女性や、むしろこれからそうなりたいと願う女性もいるからです。

一方、歴史上のプリンセスたちのなかには死に魅入られ、食を拒む姫たちが多く登場します。

いま話題の書『瘦せ姫 生きづらさの果てに』の著者・エフ=宝泉薫氏が、「プリンセスと摂食障害」の深い関係について語ります。

  

死に魅入れられたプリンセス

 

「宮沢りえ以前」に登場した瘦せ姫。そのなかでも世界史レベルで名高いのが、オーストリアの皇妃(のちに皇后)エリーザベトです。現代の日本では、宝塚歌劇団のミュージカル『エリザベート』で親しまれていますが、ここでは愛称の「シシィ」で呼ぶことにしましょう。

 今から150年前、シシィはこんなダイエットに熱中していました(註1)。

「朝にラスクとハーブティー、昼に子牛の肉を絞った汁のみ、夕に生卵、ミルク、ワイン、一日7時間運動し、夕方に体重を計って、増えていれば夕食を抜く」

 こうした生活により、身長172センチ、体重50キロ弱、ウエスト50センチ(40センチ台とする説も)という体型を維持。当時は今ほど瘦せ礼賛(らいさん)の風潮ではなかったものの、天賦(てんぷ)の美貌もあいまって、国民から高い人気を得ます。

 

 その一方で、ザッハートルテなどのスイーツを大量買いしたり、会食をドタキャンしたり、栄養失調で倒れても運動をやめなかったり。彼女が世界最初のダイエッターとも、世界最初の摂食障害患者とも評されるゆえんです。

 そして何より、その瘦せ姫らしさがうかがえるのが、自らの死を願うほどの心の闇でした。幼時から近親者の死に多く出会い、10代で皇后になってからは窮屈(きゅうくつ)な生活にストレスを抱えていた彼女は、こんな言葉を残しています(註2)。

「私はカモメのように漂っていたい 自由に、波の上を 私の住まいはどこにもない」

「狂気は生より真である」

「死を思うことは、心を浄化し、庭で雑草を抜く庭師の役を務めてくれます」

 低栄養や過活動で自らを追い込むことも「死を思うこと」に通じる効果をもたらしていたのでしょう。また、居場所のなさをまぎらわそうとしてか、旅ばかりしていました。

1/3ページ

最終更新:9/6(火) 0:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。