ここから本文です

高畑裕太容疑者、以前からあった問題行動「山崎賢人さんの腕を殴って、大きなアザを…」

週刊女性PRIME 9/6(火) 7:00配信

 8月23日、強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者。本人が関わった仕事は放送中止や代役を立てるなど、混乱を極めているが、まだまだ落ち着きそうもない。そんな中、過去の奇行、愚行が次々と明らかに。

 取材によると問題行動は以前からあったという声も。

「7月ごろ、都内の居酒屋で山崎賢人さんと合流して盛り上がったそうなんです。そのとき、酔っぱらった裕太容疑者が山崎さんの腕を殴って大きなアザを作っちゃって。

 ケンカとかじゃなかったけど、月9撮影中の山崎さんは困りますよね。幸い、衣装で隠して事なきを得たんですが」(テレビ局関係者)

 さらにこんな話も。

「5、6年前ですが、全寮制の学校に入っていた高畑容疑者が、淳子さんの劇団青年座によく遊びに来ていました。寮を抜け出していたんでしょうね。

 そんなときに劇団員の財布からお金がなくなったりして、裕太容疑者を疑う声もあったんです。でも、誰もそのことを高畑さんに話す勇気はありませんでしたね」(演劇関係者)

 事件が起きた今だから、こんな話も出てくるのかもしれない。涙ながらの会見は同情を呼んだが、息子を溺愛するあまりの激情には、被害者への配慮が見えないという声もあった。

最終更新:9/8(木) 15:57

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。