ここから本文です

辛坊氏は早とちり!?蓮舫氏の二重国籍否定は事実と違う可能性 --- 八幡 和郎

アゴラ 9/6(火) 15:10配信

読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」で蓮舫さんが「二重国籍」の可能性が指摘されているという報道を否定されたということの解説をすでにこの欄で書いたが(http://agora-web.jp/archives/2021227.html)、その後、正確なテキストが入手でき、また、ネット上で寄せられた情報をもとに検討した結果、2点について事実に反する可能性が高いことも明らかになったので、より正確にお伝え、解説する必要があると思い改定する。

蓮舫氏と辛坊治郎氏のやりとり再録

辛坊「結論によってはどうでもいい話だと思うんですが、一応、蓮舫さん伺っておきます」「週刊誌やネットで二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないかっていう話があります、これについては?」

蓮舫「今そういう噂が流布されるのは、本当に正直悲しんです」「国連の男女差別撤廃条約を、日本が批准をして、唯一改正をしたのが…」

辛坊「いやもう、一言なんです!一言『違う』というならそれだけの話ですから」蓮舫「私は生まれたときから日本人です」「(台湾)籍抜いてます」

辛坊「いつですか」

蓮舫「高校3年の18歳で日本人を選びましたので」

辛坊「わかりました」「これに関してはデマだということは、お伝えしておきたいと思います」

事実に反する可能性が高い2点

(1)「生まれたときから日本人」といってますが、普通に考えると生まれたときからずっと父の国籍である中華民国籍だったはずで、17歳のときに法律が改正されて日本国籍を二重国籍のひとつとして獲得したはずだ。(生まれたときに、両親が入籍しておらず母親の籍に入ったというなら別だが、そういう話はない)

(2)蓮舫さんは「いつ台湾籍を離脱したか」と聞かれて「高校3年の18歳で日本人を選びましたので」といったのですが、日本国籍選択宣言だけでは中華民国籍は抜けないのだ。

そこで、好意的に解釈して、そのあとすぐに離脱手続きをしたということかもしれないと思った視聴者もいた。

ところが、その後、中華民国の国籍離脱は、蓮舫さんの場合、20歳からしか可能でなかったらしいことが明らかになった。

となると、蓮舫さんが18歳で国籍選択宣言の手続きで日本国籍を選択したのち、とりあえずは、違法だがやむを得ない二重国籍となり、20歳になったところで、中華民国内政部の許可を得て,二重国籍を解消したというのが最短の二重国籍解消の時期になる。

その意味で、18歳のときに二重国籍でない日本人になったということはありえないはずであり、蓮舫さんのテレビでの発言は事実ありえないことになる。

その意味で、辛坊氏の「これに関してはデマだということは、お伝えしておきたいと思います」という発言は、専門知識が必要な問題だけにやむを得ない面はあるが、早とちりだったということになる。

1/2ページ

最終更新:9/6(火) 15:10

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ