ここから本文です

【オトナの保健室】どんな人がなりやすい?身近にある“うつ病”の治療方法や予防は?

ファンファン福岡 9/6(火) 17:58配信

オトナの女性ならぜひ知っておきたい健康・医療の質問コーナー【オトナの保健室】。

福岡県医師会の広報も務める医療コーディネーターの上田あい子氏が、それぞれの分野の医師や研究者など、専門の方々からシリーズでお話を伺っていきます。

今回は、田川慈恵病院院長の田中 真理子先生に答えていただきました!

身近な“うつ病”について

Q.うつ病の症状とは?

憂うつな気分や、眠れない、何をしても楽しくない、イライラする、思考力が落ちる、自分を責める、自分に価値がないと思う、死にたくなる……などがみられます。これ以外にも、疲れやすい、頭痛、胃の不快感など、身体に出るサインもあります。

Q.どんな人がなりやすいのでしょうか?

まじめで几帳面な性格の人や、責任感が強い人、完璧主義の人などに多いと言われています。

Q.うつ病の治療方法や、予防について

治療としては、「十分な休養」と「薬による治療」が基本になります。加えて、思考パターンを見直す「精神療法」を行うこともあります。うつ病を予防するには、ストレスを溜め込まないこと、早めに相談することが大事です。またバランスの取れた食生活や、朝日を浴びることなども予防に効果的だと言われています。

<医師のプロフィール>田中 真理子

●田川慈恵病院院長

精神保健指定医/医学博士/日本精神神経学会専門医・指導医/精神科薬物療法研修会 修了/難病指定医

[ホームページ]http://keiwakai-group.or.jp/jikeikai/

医療法人恵和会 田川慈恵病院 0947-22-1887

★cross fm「チアーズスタイル ハジマリエ」(毎週火曜17:30~)の毎月後半に田中真理子先生が出演中!

上田あい子

NPO法人ウィッグリング・ジャパン代表理事、医療情報TV番組元プロデューサー、福岡県医師会広報委員

女性のための医療情報サイト「ハッピーチャンネル」
http://8p-ch.com

ファンファン福岡

最終更新:9/6(火) 17:58

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。