ここから本文です

アリシア・キーズ、最近の自身のすっぴん姿を擁護。

VOGUE JAPAN 9/6(火) 22:00配信

歌手のアリシア・キーズがすっぴんになることで力が湧いてくると明かした。最近いろんな場面で化粧を一切まとわぬ素顔のまま登場しているアリシアが、すっぴんでいることは解放的であり、同時に自身の音楽と似たメッセージを発信していると考えているようだ。

テレビ番組『トゥデイ』に出演したアリシアは、「(すっぴんは)ほんとに解放的。私達って自分に、そしてお互いにほんとにたくさんの制限を設けているし、社会も私達を制限しているから、いろんな意味でそれにうんざりしてるし、もうたくさんなの。いろんな意味で、それって音楽のコンセプトだし、それぞれみんなが他の人が持っていない何かを持っているわけだから自分独自の姿でいるってことでもあるのよ。お互いが自分たちのありのままを受け入れるなんて素晴らしいことよね」と話した。

とはいえ、アリシアは化粧が嫌いなわけではなく、ただ公の場で常にメイクアップをする義務を感じたくないと考えているだけのようだ。「メイクは大好きよ。私のリップグロス、ブラシ、アイライナーが大好き。そういうことではないの。でも同時に、メイクしなきゃって義務を感じたくはないの」。

また、夫スウィズ・ビーツとの間に2人の息子をもつアリシアは、自分の決断に満足しており、自分に正直にあるべきだと訴えている。「私自身にただ正直になりたいだけ。みんな自分に正直であるべきだわ。ありのままで、よい時間を過ごす。他人を満足させようとするのではなくて、自分の気分をよくさせてくれるようなことをやるの」。

そして、アリシアは、ある撮影で写真家にアリシアが撮影現場に着いたそのままの姿で写真を撮りたいと申し出られたことで、すっぴんになる決断をしたと以前話していた。「ショックだったわ。すぐにちょっと不安になったし、ちょっと心地悪かった。私の顔は完全にそのままだった。しかもトレーナーを着てたのよ。私としては、あれは急いで撮影に向かってそれから準備をするっていう格好だったし、撮影用の容姿ではなかったの」と撮影前の不安を振り返るアリシアだが、出来上がった写真を「これまでで最も強く、勇気づけられるような自由で最高に美しいもの」に感じ、多いに満足したそうだ。

Text by Bangshowbiz

最終更新:9/6(火) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。