ここから本文です

「巻き込むこと」の難しさを痛感

政治山 9/6(火) 17:30配信

はじまりはマネ友に「巻き込まれた」

 一般的に選挙事務は「正確性を最優先に」という考えから、「開票は時間がかかっても仕方がない」という意識が強くなります。また、担当者として関わっていると、決められた期間で選挙に関する一連の業務を遂行するために、「従前の選挙と同様に業務を行えばいい」という「前例踏襲」で仕事を進めていく傾向になりがちです。

 笠間市では、選挙管理委員会とマネ友(部会修了生)が中心となり、2014年の衆院選から開票事務の改善に取り組んでいます(詳細は「地方政府」のカタチ第30回、本コラム第9回を参照)。正直なところ、最初は選挙管理委員会の担当者として「マネ友に巻き込まれた」という感覚で関わったのですが、自分の仕事ではないのに真剣に対話をするマネ友たちに、自分自身が「取り込まれていく」のを強く感じました。結果的には、最終の開票時間は「4時間35分」と、目標の「4時間」を達成することはできませんでしたが、ある種の充実感と、何か引っかかるものが残りました。

立ち位置を変えて臨んだ今回の参院選

 2014年の選挙から1年半余り、2016年1月にマネ友中心の自主研究チームである「かさま未来研究所(かさラボ)」が立ち上がりました。また、自分自身も2015年度の人材マネジメント部会に参加し、「かさラボ」のメンバーに加わることで、2016年の参院選では「巻き込まれる側」から「巻き込む側」へと立ち位置を変えて選挙に臨むことになりました。

 今回の参院選では、前回の課題を中心にさらなる改善を行い、開票所撤収目標時間を「4時間」としました。さらに、実際に疑問票の審査に関わってもらうことで直接の担当者とは別の視点から課題や改善点を得ることを目的に、今まで選挙管理委員会職員や選管OBが中心で行っていた総括審査係(疑問票の審査)に「かさラボ」のメンバーを加えることにしました。

 当日は、選挙区の開票はほぼ予定どおり進みましたが、比例代表の個人票の処理に手間取りました。最終的な開票所撤収までの時間は4時間30分かかってしまい、設定していた目標の達成はできませんでした。

 これまでとの違いとしては、今までは開票を終えた後に、職員に対して反省点、改善点などの意見を庁内掲示板で求めても、意見が寄せられることはほとんどありませんでした。そこで今回は手法を変え、「かさラボ」のメンバーが庁内の調査システムを用いて、開票事務に従事した職員が簡単に回答できる無記名のアンケート調査を実施したところ、多くの意見が寄せられました。

 中でも、「改善点」を指摘し次回どうしたら良くなるかを提案してくれた職員が増えてきたことは、大きな収穫であったと思います。

 今回の取り組みを振り返ってみると、「巻き込まれる」ことは簡単でも、「巻き込むこと」は難しいということを痛切に感じています。前回の取り組みのときに感じた「引っかかり」は、この難しさを自分自身が無意識に感じていたのではないかなと今となっては思います。

 また、今回の参院選では、新たに選挙権を得る市内の県立友部高校と県立笠間高校に通う18歳の計5人を、期日前投票の立会人に起用しました。

 実際の「選挙」に触れる、体験することにより、若年層の社会参加意識の醸成や投票率の向上につなげていくことを目的に、市内の県立高校2校に対して投票事務に参画いただきたい旨の働きかけを行ったところ、学校側からの全面協力をいただきました。この取り組みは、報道機関からの注目も集め、地方紙の1面で取り上げられるなど、啓発活動としては大きな効果があったと思います。

 さらに、県立友部高においては、選挙期間中に「かさラボ」のメンバー協力を得て、高校3年生を対象に出前講座を実施しました。実際の投票所で使用する物品を使用して教室内に模擬投票所を設け、投票も体験してもらいました。

 実際の様子は、茨城県教育委員会ホームページにも掲載されています。

・県立友部高校の生徒が期日前投票の立会人を務めました。
http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/topics/news/photo/h28/06/0629-8.html
・県立友部高校で選挙に関する出前講座が開かれました。
http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/topics/news/photo/h28/07/0701-3.html

1/2ページ

最終更新:9/6(火) 17:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。