ここから本文です

JUMP、セクゾ、A.B.C-ZからジャニーズJr.へ……『JOHNNYS’ World』で“世代交代”到来か

リアルサウンド 9/6(火) 7:00配信

 2011年に最も多くのショーをプロデュースした人物としてギネスを確立した、ジャニー喜多川氏のギネス認定記念作品であるジャニーズのミュージカル作品『JOHNNYS’ World』は、年末の恒例だ。独特な雰囲気と展開から目が離せずついその世界観に引きこまれてしまったり、ジャニーズの舞台作品『SHOCK』、『SUMMARY』、『滝沢革命』などのパロディネタも盛り込まれていたりと、見どころが詰まっている『JOHNNYS’ World』は、多くのジャニーズファンを楽しませている。これまでHey! Say! JUMP、Sexy Zone、A.B.C-Zが座長を務めてきているが、ぞれぞれに見どころがあった。まずは、各年の見どころについて振り返ってみよう。

<2012年『JOHNNYS’ World -ジャニーズ・ワールド-』>

■座長:Hey! Say! JUMP

 Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、A.B.C-Zの3組が出演した初めてのJOHNNYS’ Worldは、各々のグループの良さが発揮された作品だった。とりわけ、Hey! Say! JUMPは座長なだけあり、見せ場がしっかり作られていた。ダンスや演技、アクロバットなど幅広いパフォーマンスを披露する中、山田涼介の見せ場が多くあったように感じる。源義経に扮した綱渡り、大石良金(主税)役での殺陣、ソロ曲「ミステリーヴァージン」の披露など、改めて山田のスキルの幅広さを確認できた舞台になっていたのではないだろうか。

<2013年-2014年『JOHNNYS’ 2020 World』>

■座長:Sexy Zone[佐藤勝利・中島健人・菊池風磨]、A.B.C-Z

 『JOHNNYS’ 2020 World 』は、A.B.C-Zのアクロバットが魅力的だった。塚田僚一による鎖でのフライング、塚田・五関晃一・戸塚祥太・河合郁人によるフラフープを使ったフライング、橋本良亮による360度回転のブランコなど、息を呑むようなパフォーマンスが披露されていた。舞台の経験が豊富で“魅せる”ことを理解している彼らだからこそ、自分たちの強みをアピールして存在感をしっかり出すことができていたように思う。Hey! Say! JUMPの9人がいなくなっても舞台の華やかさが損なわれなかったのは、彼らのアクロバットがあったからかもしれない。

<2015年『2015新春 JOHNNYS’ World』>

■座長:Sexy Zone[佐藤勝利・中島健人]

 少年隊の錦織一清をプロデューサー役に迎えたことにより、演技の幅がグッと広がった『2015新春 JOHNNYS’ World』。この年の見どころは、中島が見せた多重人格の演技。『JOHNNYS’ 2020 World 』では、シェイクスピアの10役をテンポよく演じていたが、1人の人間の中に複数の人格が出ている役を演じたのは流石である。徐々に心が壊れ、いくつもの人格が出てくるというセンシティブな役が、独特のストーリの中に溶け込んでいたのは中島の熱演があってこそである。

<2015年-2016年『JOHNNYS’ World』>

■座長:Sexy Zone[佐藤勝利・中島健人]

 この年の見どころは、なんといってもジャニーズJr.たちの活躍だろう。Snow ManやSix TONESなどのベテラン勢を中心に、Mr.KINGによるパフォーマンス、HiHi Jets・天才Genius・Classmate Jなどの若手ユニットによるパフォーマンスと、かなりジャニーズJr.たちの出番が多かった印象である。また、Sexy Zoneの佐藤と中島も、ジャニーズJr.たちを前にすると「若手を引っ張るしっかりした先輩」という一面が見えた。さらにジャニーズJr.たちが活躍することで、舞台にフレッシュさが溢れていたと思う。

 そして2016年も『JOHNNYS’ Future WORLD -ジャニーズ・フューチャー・ワールド from 帝劇 to 博多』の上演が決定しており、座長は博多座最年少座長記録となるジャニーズJr.の平野紫耀が務める。メンバーもほとんどがジャニーズJr.、会場も博多座・梅田芸術劇場メインホールと、これまでのJOHNNYS’ Worldとは一味違う内容になりそうだ。2015年~2016年の『JOHNNYS’ World』の流れから、着実に世代交代が行なわれつつあることが見て取れる。ポテンシャルあるジャニーズJr.へJOHNNYS’ Worldが受け継がれていくことで、また新たな作品へと進化していくだろう。今年は平野紫耀を中心とするジャニーズJr.たちが、JOHNNYS’ Worldに若さと力強さ、がむしゃらさを吹き込んでくれるのだろうか。開演日まで待ち遠しい。

高橋梓

最終更新:9/6(火) 7:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。