ここから本文です

「ディストピア小説」から生まれた、グウェノーの未来の音楽

WIRED.jp 9/6(火) 11:10配信

グウェノー(Gwenno)として知られる35歳のグウェノー・ソーンダースは、意外なもの──ウェールズ語のSF──からインスピレーションを得て、シュールな音の世界を生み出した。
英カーディフを拠点にするこの歌手のデビューアルバム『Y Dydd Olaf』(「The Last Day」の意味)は、カナーボン生まれの作家オウェイン・オウェインの1976年の同題小説に触発されたものだ。ウェールズ語とコーンウォール語で歌われる歌詞は、ロボットが人間のリーダーのクローンをつくるというディストピアを描くオウェイン物語を、フェミニズムとカルチュアル・アイデンティティを扱うための基盤として用いている。

【デビューアルバム『Y Dydd Olaf』の1曲目に収録されている「Chwyldo」を聴く】

「そうすることで、表現したいものに対して正直でいられたのです」とソーンダースは母国語であるウェールズ語で言う。「わたしが十分優れたアルバムをつくれたのなら、多くの人が理解できる言語を使っているかどうかは大きな問題にならないと思いました」

彼女が常にウェールズ語で歌をつくってきたわけではない。2010年まで、ソーンダースはインディーポップバンド「ザ・ピペッツ」の5人の歌手のうちの1人だった。彼女がバンドを離れたのは、自分自身の声を見つける必要に迫られたからだ。そうして見つけたのがウェールズ語だった。

「マイナーな言語が母国語であるというのは、閉所恐怖症であることにとても似ています。ほんの少ししか話せる人がいませんから」。ソーンダースは言う。「しかし、それは自由になれることも意味します」

彼女はカーディフに戻り、サウンドアーティストのリース・エドワーズとコラボレーションを行った。エドワーズは彼女の反社会的な歌詞と対比をつけるため、カーディフ湾でフィールドレコーディングをした音を『Y Dydd Olaf』に織り込んだ。

2015年7月にヘヴンリー・レコーズからリリースされたアルバムの広がりのある音は、音楽を再生すると必ずクラッシュしてしまうパソコンでつくられたものだという。「それを見るのは本当に辛かった」とソーンダースは言う。しかし、それが結局は彼女の音楽にプラスとなった。「制限をもつことは、クリエイティヴィティにとって本当にいいことなのです」

アルバムはウェールズ音楽賞(2014-15)を受賞し、この夏のイギリスでのツアーにつながった。9月にはグラストンベリーやポートメイリオンのフェスティヴァル「No.6」でもパフォーマンスを行う。さまざまなシークエンサーやペダル、キーを使って、独自のサウンドを構築する彼女の姿が見られるだろう。

彼女はいま、新しいウェールズ語の楽曲づくりで忙しいという。「この時代にクリエイションを行えることは、本当に幸せだと思います」とソーンダースは言う。

EMILY VINCENT

最終更新:9/6(火) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。