ここから本文です

五輪8強敗退で傷心の韓国代表エース トットナムで“プレーするため”にW杯最終予選第2戦を回避

Football ZONE web 9/6(火) 10:23配信

ソン・フンミンがシリア戦に出場せずクラブに合流

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンが、突如方向転換をしている。メダル獲得による兵役免除の特権を目標にリオデジャネイロ五輪に参戦する一方、クラブの開幕戦を欠場し、現在はチームで出番なしとなっているが、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2節のシリア戦への参戦を「クラブのため」と回避している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩った女子サッカーの美女選手たち

 24歳の韓国代表エースは開幕直前のトットナムから離脱し、リオ五輪参戦を熱烈に志願した。だが準々決勝のホンジュラス戦では決定機を外し、チームは0-1で惜敗。兵役免除が叶わなかったソンは号泣し、主審にアディショナルタイムの短さについて食い下がって抗議する場面もあった。

 トットナムで今季出番のないソンはW杯アジア最終予選初戦の中国戦(3-2)に出場後、中立地マレーシアで行われるシリアとの最終予選第2戦を回避する方針を表明。ロンドンに戻り、トットナムに合流する意向を明らかにした。

「トットナムは移籍したかったクラブ。一生懸命練習して、ベストを尽くす必要がある。自分はいいコンディションで最高のプレーをできる準備ができている。代表の同僚には申し訳ないけれど、自分は彼ら(トットナム)をサポートする。シリア戦ではいい成績を残してほしい」

リオ五輪参戦によりクラブでの立場は悪化

 ソンはオーバーエイジ枠(24歳以上)でリオ五輪に志願の参戦を果たしたことで、トットナムでの立場を一層悪化させている。

 記事では「彼の成長の欠如は、ヴォルフスブルクというドイツ復帰の可能性を導いた。だが、彼はスパーズに残留した。彼は2年目にレギュラーになりたいと願うが、夏の長期にわたる代表参加は助けになっていない」と厳しい状況が伝えられている。1年前にアジア人最高額の2200万ポンド(約30億円)で加入したソンは、昨季のリーグ戦で4得点に終わった。

 トットナムは移籍市場閉幕直前に、レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコを期限付き移籍で獲得すべく動いていたが、これがもし実現していたら、ソンはドイツに強制送還となっていた可能性もある。兵役免除という悲願を叶えられなかったソンは、アジア最終予選ではなく、トットナムでのキャリア立て直しを優先させることにしたようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/6(火) 11:26

Football ZONE web