ここから本文です

ラグビー日本代表HCジェイミー・ジョセフ。笑顔の裏に「強い自負心」

webスポルティーバ 9/6(火) 19:00配信

 9月5日、「2019年ラグビーワールドカップ」で日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の就任会見が行なわれた。就任は今年1月に内定していたが、スーパーラグビーのハイランダーズの指揮官を務めていた関係で、9月まで来日がずれ込んでいた。

【写真】さまざまな強化で日本代表を変えたエディー・ジョーンズ前日本代表HC

 現役時代は豪快な突破力で、ニュージーランド代表のFWとして活躍。身長196cm・体重100kgを超す大柄な体格は、今も変わらない。ニュージーランドの先住民族であるマオリの血を引く彫りの深い顔が特徴的だが、この日のジョセフHCは、やや緊張した面持ちで会見場に入ってきた。そして、100人を超すメディアに対し、まっすぐ前を向いての第一声は、「こんにちは、みなさん。ジョセフでございます。ありがとうございます」。開口一番、ジョセフHCは流暢な日本語を披露した。

 それもそのはず、ジョセフHCは1995年から2002年まで、福岡県宗像(むなかた)市に本拠地を置くサニックス(現・宗像サニックスブルース)でプレーし、1999年のワールドカップは日本代表として出場(当時は2つ、3つの国にまたがって代表になることができた)。桜のジャージを着て、国際試合に9試合出場した経歴の持ち主だ。

 いわば、ジョセフHCにとって、日本は第二の故郷。現役を引退した後も、サニックスのアドバイザーなどを務めていた。2015年にハイランダーズをスーパーラグビー初優勝に導き、ニュージーランド代表の次期指揮官候補のひとりと評されるも、「日本が大好き。日本食は何でも好き」だったことが、日本代表HC就任へ彼の背中を押したひとつの要因となった。

 会見時、「奥さんと(4人の)子どもは日本に来るのか?」と日本語で聞かれても、「2週間(後)」と即答。ハイランダーズで4年間、薫陶(くんとう)を受けてきた日本代表SH(スクラムハーフ)田中史朗は、「ジェイミーの日本語は、エディー(・ジョーンズ前日本代表HC/現イングランド代表HC)より上手」と言っていたが、まさにそのとおりのようだ。

 サニックス時代に戦ったことのある元日本代表選手にジョセフHCとの思い出を聞くと、「お互いに熱くなってイエローカードをもらった」という。また、ニュージーランドの国内リーグでも常にライバルとして戦ってきたNTTコミュニケーションズのロブ・ペニーHCは、「彼はグッドマンですし、情熱的なコーチです。他の人と関係性を築くのがうまい」と、ジョセフHCの人柄を語ってくれた。

 対話を好むスタイルは、自分の信念と指導理論に基づき、強力なリーダーシップでチームを引っ張ったジョーンズ前日本代表HCとは、やや対照的に映る。会見に同席した日本ラグビー協会の坂本典幸専務理事は、「(ジョセフHCが)選手と対話を重ねて、そのなかで個々の選手のブランディングを作り、チームを作っていく」手腕を高く評価しているという。9月1日に来日し、すでにトップリーグの視察などを行なっているジョセフHCは、「2~3週間かけて、トップリーグの各チームのコーチや選手に会っていきたい」と語り、今週から本格的に始動することを明言した。

1/3ページ

最終更新:9/6(火) 22:30

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革