ここから本文です

手が届きそうな「雲の3D壁画」がアムステルダムの空港に現れた

WIRED.jp 9/6(火) 12:50配信

アムステルダム・スキポール空港の出発ホールを歩くと、雲が描かれた長い壁の前を通ることになる。とても大きなLED画面だ、と最初は思うだろう。しかし、これは単なる画像ではない。雲の風景に奥行きがある。視差があり、見る人が動きを止めると、雲たちの動きも止まる。

【「画面の雲をつかもうとする子どもたちもいます」という、世界最大長さ112mの「雲の壁画」を見る】

これは、世界最大のレンチキュラープリント(シート状のレンチキュラーレンズを使って、見る角度によって絵柄が変化したり、立体感が得られたりする印刷物)による壁画なのだ。

「画面の雲をつかもうとする子どもたちもいますが、彼らは雲をつかむことはできません」と、デザイナーのダーン・ローズガールデ(関連記事)は語る。彼は、ゴッホの「星月夜」をモチーフにした光る自転車道や、スモッグを吸収する建物などを発案・制作してきた注目のデザイナーだ。この動きのある約112mのパノラマ「BEYOND」は、スタジオ・ローズガールデの最新プロジェクトである。

通常のレンチキュラープリントと同様に、ローズガールデの壁画にもレンチキュラーレンズと呼ばれる薄い円柱レンズが使われている。しかし、このレンチキュラーレンズは普通のものではない。

このレンズが、向こう側にある画像からの光を屈折させる。これが奥行きと動きをシミュレートする鍵になる。「ぼくたちはこの技法をどこまでも追求しました」とローズガールデは言う(ギネス世界記録を申請中だという)。

いちばん上の層には、レンチキュラーレンズが1インチ当たり15個の密度で重ねられている。レンチキュラーレンズの下にはインクの層があり(190億画素以上)、さらにLED照明が全体を光らせている。フレームが大きいほど動きもスムーズになり、10cmの厚さをもつ壁画が何kmにも及ぶ深さを表現する。

同じ効果のあるヴィデオウォールを設置するほうが簡単なのかもしれないが、アナログ感がほしかったとローズガールデは語る。「BEYOND」は常設の作品であり、数年で時代遅れに見えてしまうかもしれない。フィジカルなプリントを使うことで、リアル感が増す。

いつもなら生真面目な空間に“センス・オブ・ワンダー”をつくりたかったのだと、ローズガールデは言う。「雲のなかには隠れた物語があります」と彼は言う。目を凝らせば、ウサギのような雲や、オランダのような形をした雲に気がつくだろうと。

LIZ STINSON

最終更新:9/6(火) 12:50

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ