ここから本文です

従業員のやる気を削ぐ8つの致命的な要素

ライフハッカー[日本版] 9/6(火) 23:10配信

Inc.:従業員が力を発揮できる環境を整備できているかどうかを確認したければ、職場にやる気を低下させる要素がないかチェックしてみましょう。

1.有害な人々

本当に有害な人々と過ごした経験があれば、もたらされる被害や気疲れがどれほどのものかご存知でしょう。彼らはネガティブな雰囲気を広め、前向きな気持ちを抑えつけます。そんな人々には別の場所に行ってもらいましょう。それが無理な場合は、被害を最小限にするような決まりを作ったり、しかるべき指導を行いましょう。

2.職業的な成長が得られない

誰しも学習や成長の実感を求めます。それがないと、職場には停滞した空気が流れてしまいます。従業員1人ひとりが専門家として成長することでキャリアアップが可能になり、組織や上司が成長のために投資してくれているという実感が持てます。

3.ビジョンの欠如

ビジョンを明確に伝達することで方向性を示し、注力すべき部分を指示することができます。それがなければ、特に優秀な従業員であっても能率が落ちます。全体像が見えていないときに優れた能力を発揮するのは難しいのです。

4.時間の浪費

特に理由もなくミーティングを開いたり、関係のない情報まで全員にメールするような職場では、従業員は大きなストレスを感じることでしょう。彼らの時間を大切にすることで、彼ら自身を大切に思っていることを示しましょう。

5.コミュニケーション不足

意思の疎通が不足していると、従業員は他者の行動を批判することに多くの時間を費やすようになり、重要な業務がおろそかになったり、些末な仕事が増えたりします。さらに、情報が共有されず、有害な噂話が広まってしまうことも考えられます。明確な意思疎通は全員にメリットがあるものです。

6.縦割りの管理体制

自分のアイデアや貢献が、評価されるどころか聞き入れられることもない、「黙って言われた通りにしろ」というような環境では、嫌々ながら最低限の仕事をするのがやっとでしょう。協力体制が整っているほど、従業員の貢献度もモチベーションも上がるものです。

7.評価不足

懸命な作業や優れた成果が評価されなかったり、日常的な感謝が口にされない環境では、従業員のやる気や関心が低下してしまいます。1円も使わずに従業員に報いる方法があります。ただ「ありがとう」と言えばよいのです。

1/2ページ

最終更新:9/6(火) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。