ここから本文です

『ジェイソン・ボーン』迫力の白バイ強奪シーン公開

リアルサウンド 9/6(火) 10:50配信

 “ボーン”シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』より、本編映像と新たな場面写真が公開された。

 本作は、最強の暗殺者ジェイソン・ボーンの活躍を描くアクション映画。シリーズ2作目『ボーン・スプレマシー』と3作目『ボーン・アルティメイタム』で監督を務めたポール・グリーングラス監督がメガホンをとり、主人公ジェイソン・ボーン役をマッド・デイモンが務める。そのほか、ジュリア・スタイルズがニッキー役を続投するほか、『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデル、『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル、『ノーカントリー』のトミー・リー・ジョーンズらが名を連ねる。

 このたび公開された本編映像は、ジェイソン・ボーンが警官から白バイを奪い去るシーンから始まる。前シリーズで協力関係にあったCIAの元同僚ニッキーの前に颯爽と登場し、CIAの作戦員たちを次から次に倒していくボーンの迫力のアクションシーンが映しだされている。

 あわせて公開された場面写真は、夜の街で暗躍するボーンの姿を捉えたもの。バイクを操る姿や、ニッキーと並び歩く姿、前を見据え銃を構える姿など、前シリーズから月日を重ね渋みを増したボーンの姿がうかがえる。

 主役のボーンを演じたマッド・デイモンは「ファン同様、全員ボーンが大好きなんだ。だから、復帰にふさわしいタイミングまで待っていたんだよ」とコメントを寄せ、「シリーズ最高傑作」と公言している。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/6(火) 10:50

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。