ここから本文です

ジブリ総選挙1位は『千と千尋の神隠し』に 9月10日より一週間の上映も

リアルサウンド 9/6(火) 10:53配信

 『レッドタートル ある島の物語』の公開記念として行われていたスタジオジブリ総選挙の結果が発表され、『千と千尋の神隠し』が第1位に輝いた。

 スタジオジブリ総選挙は、『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』までのスタジオジブリ長編劇場用映画全21作品の中から、8月13日から8月28日までの16日間で最も投票数の多かった一作品を劇場で上映する企画。

 先日発表された中間結果では、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『魔女の宅急便』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』(順不同)が上位を占めたが、日本国内興行収入308億円(歴代1位)を記録している『千と千尋の神隠し』が改めてその人気を示す結果となった。『千と千尋の神隠し』は9月10日から9月16日までの1週間、全国5都市の5劇場で上映される。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/6(火) 10:53

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。