ここから本文です

渡辺麻友、衝撃の“ケツの割れ目”披露に「下品!」の声 舞妓姿には「小梅太夫?」の声も

おたぽる 9/6(火) 19:00配信

 2日、AKB48の渡辺麻友が、5年ぶりとなるソロ写真集を10月25日に発売することを発表。と同時に、先行カットも解禁されたのだが、水中で水着のパンツをずりおろし、ケツの割れ目を披露したその姿に、「アイドルがやることとは思えない」「下品!」などと、不評を買ってしまっている。

AKB48、上半期CDセールス1位に「聴いたことない」の声 不仲にスキャンダル…崩壊の日は近い?

 渡辺は、2011年に発売した1stソロ写真集『まゆゆ』(集英社)では、当時17歳であったにもかかわらず、裸に見えるような、体育座りした姿で表紙を飾ったり、ビキニ姿が大量に収録されていたことで、「もっと清楚なまゆゆの姿が見たかった」「セクシー路線はもう少し先でもいいでしょ」などと、熱烈なファンからは、その売り出し方について、疑問の声が投げかけられていた。今回、解禁されたカットでは、ケツの割れ目が披露されているということで、「グラビアモデルよりも露出が激しくなってきてる」「このまま脱がされて、使い捨てにされてしまうのでは?」などと、危惧するファンは多い。

「渡辺の美尻に関しては、前回の写真集『まゆゆ』でも話題になり、昨年3月に放送された『※AKB調べ』(フジテレビ系)で発表された、『思わずくぎづけ! メロメロヒップNo.1』では、メンバー間投票によって、“AKB48グループで最も美しいお尻の持ち主”の1位に選出されるなど、渡辺にとって最大の売りであることは、ファンも百も承知なのですが、パンツをずりさげての割れ目披露という安直なエロカットには、『安っぽいグラドルみたい』とショックを受けているようです。また、今年3月に発売された写真集『スキャンダル中毒』(講談社)では、指原莉乃が半ケツを披露していただけに、『段々、露出が激しくなって、最後はヌード?』『ヌード写真集発売して、人気がなくなったらポイ捨て?』などと、AKB48ファンの間で危惧する声が広まっています」(芸能関係者)

 その一方で、渡辺といえば、以前からネット上では、現・横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレスに似ていると指摘する声も多いため、「ラミちゃんが尻見せてるみたいで、興奮しない」「指原にしろ、ケツを見せられても全く興奮しない」などといった辛辣な意見も飛び交っている。

「AKB48の総合プロデューサー・秋元康がかつて、『正統派アイドルの美少女』『天性のアイドル』と評するなど、メンバーやファンの間では、正統派アイドルとして位置付けられている渡辺ですが、アンチからは『どこが?』という声が多く聞かれ、先月29日に行われた、トヨタの『CROWN特別仕様車J-FRONTIER』の新キャンペーン発表イベントに、渡辺が舞妓姿で登場した際には、『小梅太夫?』と、芸人の小梅太夫に似ていると指摘する声も。しかし、その一方で、この日のイベントに、一緒に登場した俳優の豊川悦司が『お綺麗でドキドキしています。ファンクラブに入りたい』と語ったように、渡辺の艶やかな姿に魅了され、新たなファンとなった男性も少なくなかったようです」(同)

 果たして渡辺は、「初めての水中撮影、初めてのほろ酔い、初めてのランジェリー姿、今まで見せたことがない、いろんな新しい私が満載です」と、その仕上がりに自信を見せている写真集で、新規ファンを取り込むことができるのか、それとも、下品な内容で従来のファンを失ってしまうことになるのか、注目が集まる。

最終更新:9/6(火) 19:00

おたぽる

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。