ここから本文です

レスターがスペイン人敏腕スカウトと交渉中 2週間以内に契約の見込みで高まる期待感

Football ZONE web 9/6(火) 13:10配信

トーレスやマスチェラーノらを獲得した目利き。かつてラニエリ監督の下で働いた経験も

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティが、新たな目利きスカウトをチームに加えようとしている。英紙「テレグラフ」によると、レスターはスペイン人敏腕スカウトに白羽の矢を立て、リバプールで元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(アトレチコ・マドリード)ら名手獲得に尽力したエドゥアルド・マシア氏と交渉中だという。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 マシア氏は、かつてバレンシア時代にクラウディオ・ラニエリ監督の下で働いた経験を持つ。リバプールやギリシャ名門オリンピアコス、イタリアのフィオレンティーナ、スペインのベティスなどで補強部門の担当者として実績を残した。

 リバプール時代には、トーレスやイングランド代表FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)らの獲得を成功させている。

 イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディやアルジェリア代表MFリヤド・マフレズなど、昨季のリーグ初制覇を支えた主力メンバーを発掘したことで知られるスティーブ・ウォルシュ氏が、エバートンのテクニカル・ディレクターに就任。同じくスカウトのベン・リグルワース氏もアーセナルに引き抜かれるなど、レスターを影から支えた功労者がライバルクラブへ渡っていた。

豊富な経験と確かな実績を買って就任要請

 リーグ初優勝を支えたスタッフに代わる存在として、レスターはスペイン人敏腕スカウトのマシア氏に目を付けたようだ。同氏は今年5月にベティスを解任されていたが、レスターはその豊富な経験と確かな実績を買い、就任を要請していると見られる。レポートによれば、今後2週間以内には正式決定の見通しのようだ。

 リーグ王者としてシーズンを迎えるレスターにとって、マシア氏がチームに加われば、ピッチ外での“大きな補強”とも言える。新スカウトがその手腕を発揮し、戦力の上積みを図れれば、レスターが再び世界に衝撃を与える可能性もありそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/6(火) 13:10

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ