ここから本文です

欅坂46 米谷奈々未の“男ウケ”メールにファン唖然「この手法は怖い、闇を感じる」

リアルサウンド 9/6(火) 11:30配信

 9月6日放送の『KEYABINGO!』(日本テレビ系)では、欅坂46のメンバーが「一番男ウケするメンバー決定戦」を行なった。

 今回番組では、欅坂46の中で最も男ウケするメンバーを決めるため、様々な企画を実施。1回戦では、「デート前日のメールの返答センス」と題して、デートのお誘いメールに対し、1番男ウケする返信メールを返せるメンバーを選出。メンバー全員からの返信メールを一般男性50人が評価し、上位5人が決勝戦に進む。番組のレギュラーMC・サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしが進行を務めた。

 第5位に発表されたのは、土生瑞穗。「モニコとかしてもいいですか?」というフレーズがポイントとなったようで、長濱ねるは「土生にモーニングコールなんてされたら…ねえ」と微笑みながらコメント。ベスト5に選ばれたメンバーが座ることができる椅子についた土生は「可愛い絵文字使えばこっちの席に来れるよ」とメンバーにアドバイスした。

 また、第4位に長沢菜々香、第3位に小池美波が選出された。小池は「お父さんに(メールを)送って練習してる。本当にそういう経験がないから、いつかのために『お父さんで練習しておきな』と言われてる」と、普段から父親とのメールのやりとりで練習していることを明かした。さらに小池は、メールのほかにも父親と一緒に服の袖をつまんで歩いたりするというエピソードも明かした。

 続いて、第2位に石森虹花が発表された後、ワースト3位を発表。ワースト3位に発表されたのは織田奈那。「遠くても先輩に会えるなら全然いいもん!」という文を読んだ渡邉理佐が「全然いいもんの『もん』がイヤですね」と指摘。織田は「『もん』は私の最大限の可愛さを出したつもりなんです」と主張した。また、ワースト2位は米谷奈々未。何行もの空白の最後に「大好きです」と書かれたメールが公開されると、スタジオに悲鳴があがった。一般男性からも「この手法は怖い、闇を感じる」とコメントが寄せられていた。

 最後にワースト1位に選ばれた志田愛佳は「予想通り」とコメント。「私的に女の子してる自分が嫌いなので絵文字とか苦手で」と理由を話した。そして堂々の1位に守屋茜が選ばれると、決勝戦の「デート時のガチ勝負服」でも守屋が優勝し、男ウケクイーンの座を勝ち取った。

 ほかにも、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「KEYAROOM」のコーナーでは、鈴本美愉、守屋茜、米谷奈々未、土生瑞穗、長沢菜々香の5人がパジャマ姿で今回の企画を振り返ってトーク。土生が、納豆に砂糖を入れ、のりたまをかけて食べるという変わった食べ方を明かした。なお、huluと日テレオンデマンドでは、同コーナーの未公開分を配信している。

 欅坂46メンバーの“男ウケ度”が明らかになった今回の放送。次回は9月13日に放送予定だ。

向原康太

最終更新:9/6(火) 11:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。