ここから本文です

チリの大黒柱サンチェス、モチベーションを喪失? 意味深ツイートが母国で話題に

フットボールチャンネル 9/6(火) 8:20配信

 チリ代表のエース、アレクシス・サンチェスは、SNS上からモチベーションの喪失とも受けとれるメッセージを発信した。5日、チリ紙『ラ・テルセラ』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 南米王者チリが苦境に立たされている。1日のパラグアイ戦に敗れ、現在ワールドカップ南米予選では、プレーオフ圏外の7位に沈んでいる。そして、6日にはホームにボリビアを迎え、絶対に勝利が望まれる一戦を行う。

 そんな中、大黒柱のサンチェスが意味深なメッセージを発信し、母国チリで話題となっている。サンチェスは、自身のインスタグラムとツイッターに「家に一人でいるときはモチベーションを見つけようとしている。なぜなら、これまでのモチベーションではもう奮い立たないんだ。。。人生ではこうした事が絶えず続くに違いない。我々スポーツ選手や、人々は、1番になりたいとか、家族や子供たちに最高のものを与えたいとやる気を出すものだ」と自身のモチベーション欠如を語る。

 投稿はさらに「そうしたモチベーションを見つけることは、人をスポーツ選手や人間として成長させ、成功へと導くものなのだ。あなたのモチベーションは何ですか?」と最後はフォロワーに問いかけるように締められている。

 大一番を前に、気になるメッセージだが、サンチェスの出来がチリ代表にも大きく影響するのは確かなことだ。代表で、クラブで数々の栄光を手にしてきたサンチェスの今一度の奮起を期待したい人は多いはずだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/6(火) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。