ここから本文です

南野同僚が同点ゴール! コソボ代表がW杯欧州予選で“歴史的な勝ち点1“掴む

フットボールチャンネル 9/6(火) 10:10配信

 現地時間5日に2018年ロシアW杯欧州予選が行われ、コソボ代表はフィンランド代表と対戦し1-1の引き分けに終わった。今年5月にFIFA加盟が承認されたことで、今回が初めての欧州予選参加となる。その歴史的な第一歩となる初戦で勝ち点1を掴み取った。

【動画】伊紙が特集 本田、得点を生む“6つの技”

 コソボがFIFA加盟を果たしたことで、それまで別の国の代表として戦っていた数人の選手がコソボ代表としてプレーした。南野拓実と共にザルツブルクでプレーするヴァロン・ベリシャもその一人だ。

 ただ、出場可能と知らされたのはキックオフの数時間前。多重国籍の選手は一度だけA代表チームを選び直すことが可能となっているが、FIFAが定義する公式戦に出場した場合は、FIFAの承認が必要となる。その承認待ちの状態が試合直前まで続いたのである。

 試合開始して19分、フィンランドのパウルス・アラジューリに先制点を許しコソボは追いかける展開に。それでも61分、コソボの選手がペナルティエリア内で倒されたことでPKのチャンスを得ると、これをベリシャがしっかりと決めて同点に追いつく。結局、試合は1-1の引き分けに終わったが、コソボにとって貴重な勝ち点1を手にしている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/6(火) 10:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。