ここから本文です

タイ戦でも鳴り響いた「中東の笛」 ボールの空気圧にクレームの森重にイラン人主審がイエローカード

Football ZONE web 9/6(火) 22:20配信

11年アジア杯では、GK川島を微妙な判定で退場させた因縁のトーキー主審

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦、敵地タイ戦で再び「中東の笛」が鳴り響いた。日本が1-0とリードした前半27分、DF森重真人が突如プレーを止める。空気圧の低さについてアピールしたところ、イラン人主審のモフセン・トーキー氏から前代未聞の警告を受けた。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 前半16分にFW原口元気のヘディングシュートで先制した日本だったが、同27分、ボールの空気圧がおかしいのではないかと森重がクレームをつけた。トーキー主審はプレーを止めてボールを持つ。両手で空気圧を確認するとボールの硬さを適正と判断した様子で、森重には毅然とした様子でイエローカードを提示した。

 ボールの空気圧は主審が管理する義務がある。主審の専任事項に口出しをしたストッパーには、問答無用の警告が与えられた。森重は判定を不服とした様子で食い下がったが、 レフェリーは取り合わなかった。

 トーキー主審は2011年アジアカップのシリア戦で、GK川島永嗣を微妙な判定で退場させるなど、日本にとっては因縁のレフェリーだ。1日のW杯最終予選の初戦UAE戦では、FW浅野拓磨のシュートがゴールラインを割りながらもカタール人主審は得点を認めなかった。中東の笛に悩まされてきた日本代表にとっては、前代未聞のイエローカードとなった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/6(火) 22:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。