ここから本文です

急成長中のタイ代表に“異色の経歴持ち”が3人。元スイス代表に元ウェールズ代表も!?

フットボールチャンネル 9/6(火) 12:10配信

 日本代表は本日6日、ロシアワールドカップアジア最終予選でタイ代表と対戦する。近年は成長著しいタイサッカーだが、代表チームには“異色の経歴持ち”がいるようだ。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 中盤で攻撃的なポジションを務める24歳のシャリル・シャプイはスイス生まれで、スイスの強豪グラスホッパーの下部組織出身。U-15からU20までの年代はスイス代表でプレーしており、U-23世代からタイ代表を選択している。

 また、27歳のミカ・チュヌンシーはウェールズ生まれのセンターバックで、U-17ウェールズ代表としてプレーしていた。タイ代表としてデビューしたのは今年6月に行われたキングスカップと、代表キャリアではやや遅咲きの選手でもある。

 フランスの首都パリで生まれたトリスタン・ドゥは年代別のフランス代表経験はないものの、ロリアン(当時フランス1部)やアジャクシオ(当時同2部)でのプレー経験が豊富な右サイドバックである。

 現在は23歳で、リオ五輪を兼ねたAFC・U-23選手権のグループステージでは当時のU-23日本代表とも対戦している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/6(火) 12:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ