ここから本文です

マスチェラーノ、メッシの代表復帰を予期していた!?「変えられる決断だと思った」

フットボールチャンネル 9/6(火) 12:50配信

 バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノは、クラブでも代表でもチームメイトであるリオネル・メッシの代表復帰を喜んだ。アルゼンチンメディア『TyCスポーツ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 アルゼンチン代表は、コパ・アメリカ100周年を記念して開催されたコパ・アメリカ・センテナリオでチリに2年連続で決勝で敗れた。その試合直後にメッシは代表引退を表明し、アルゼンチンだけでなく世界中に衝撃を与えた。

 その後はメッシの代表復帰待望論が強く叫ばれる中、無事に代表復帰を果たし、現地時間1日に行われた2018年ロシアワールドカップ南米予選のウルグアイ戦で決勝点を決めて勝利をもたらした。

 マスチェラーノは同朋のメッシについて、「メッシがいない代表なんてファンに向けて大罪を犯しているのと一緒だよ」と、再び代表でプレーできたことに喜びの言葉を述べた。

 さらにメッシの代表引退騒動について、復帰することを予期して本人を説得していたことも明かしている。

「レオ(メッシの愛称)はもう決断してるように見えた。でも『もう二度と代表でプレーしない』とは決して言わなかったよ。ただ『代表は自分に向いてない』と言っただけだ。彼とは代表の未来について深く話したよ。そして、まだ変えることのできる決断だと思った」

 メッシの活躍によって勝利したアルゼンチン代表は南米予選の1位に浮上。12大会連続のワールドカップ出場に向けて順調に歩み出している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/6(火) 12:52

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。