ここから本文です

恩師モウリーニョからの誘いを断る。レアルDF「マンUは偉大なクラブだが…」

フットボールチャンネル 9/6(火) 17:22配信

 レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランは、イングランドからオファーがあったにもかかわらずクラブに残留した理由を語った。仏TV『カナル・プルス』が報じた。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ヴァランのもとには、この夏の移籍マーケットでジョゼ・モウリーニョ監督が就任したマンチェスター・ユナイテッドからビックオファーが届いたという。

 モウリーニョ監督はマドリー時代にヴァランにチャンスを与えた恩師でもあり、直々の誘いとあって移籍が噂されたが、最終的にマドリーに残留することとなった。

 オファーを拒否したヴァランだが「モウリーニョに“ノー”と言うのは簡単なことじゃないよ」と難しい選択であったことを告白。

 しかし「決断をしなければならなかった。ユナイテッドは偉大なクラブだが、新たなプロジェクトにおいてマドリーと自分が一致しているならば、もう何も言う必要はなかった。残留を決断したのはそれを一番望んでいるからだ」と、残留の決断を下した理由を語った。

フットボールチャンネル

最終更新:9/6(火) 17:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革