ここから本文です

タイ戦、2点止まりも最終予選初勝利【どこよりも早い採点】

フットボールチャンネル 9/6(火) 23:11配信

 9月6日、日本対タイの一戦が行われ2-0で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

【写真】スタンドの花、世界の美女サポーター競演

チャンスで外し続けるも勝利

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

西川周作 5.5 集中力を保ち、試合唯一のピンチをブロック
酒井宏樹 6 スタートポジションが高すぎる感はあるが、高精度のクロスでアシスト
吉田麻也 5.5 セットプレーで放ったヘディングシュートは惜しかった
森重真人 5.5 高い位置までボールを運び、攻撃に厚みを生む
酒井高徳 5.5 原口をフォローし、自分も活きようとする
長谷部誠 5 黒子に徹するもミスで目立つ。前半、自陣でヒヤリとさせる場面も
山口蛍 6 出足の早いカットで相手の攻撃の芽を摘む
香川真司 4 動ける範囲は初戦より拡大も、決定機でGK正面に打つ。エースと呼ぶには…
本田圭佑 5.5 香川と密着せず、距離感を保つ。決定機はGKの好守に阻まれる
原口元気 6.5 ボランチ起用から解放され持ち味発揮。貴重な先制点
浅野拓磨 6.5 裏抜けでチャンス作り、ポストプレーも。試合を決める2点目挙げる

武藤嘉紀 - 出場時間短く採点不可
小林悠 - 出場時間短く採点不可
宇佐美貴史 - 出場時間短く採点不可

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5 原口のアタッカー起用は奏功。香川は少し休ませてあげるべきでは?

フットボールチャンネル

最終更新:9/7(水) 0:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。