ここから本文です

タイ戦で先制点決めた原口、W杯アジア最終予選初勝利に「ホッとした」

フットボールチャンネル 9/6(火) 23:27配信

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 9月6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はタイ代表と対戦。原口元気や浅野拓磨がゴールを決めて、日本が2-0の勝利をおさめている。

【写真】スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 先発起用の期待に応えて先制点を記録した原口。試合後のインタビューでは「ホッとしている」と第一声を語った。

「(UAE戦は)ホームで負けてしまったので、勝点3だけを求めていました。今はホッとしています」

 サイド攻撃からのヘディングでゴールを決めた原口。得点の形については「狙い通りでした」と明かし、「逆サイドからクロスが上がる時はいつもフォワードの裏に回るようにしています」と語った。

 この日の狙いとしては「第一に裏を取ること。自分はサイドに開いた時に良さが出るので、幅をとってプレーできました」と語ったものの、「もっと強くならないといけない」と今後の課題も挙げた。

「僕らはあと8試合を勝たないといけない。チームに帰って良いトレーニングをしなければと思います」

 日本代表は10月6日にホーム・埼玉スタジアムでイラクと対戦する。

【得点者】
18分 1-0 原口(日本)
75分 2-0 浅野(日本)

フットボールチャンネル

最終更新:9/6(火) 23:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。