ここから本文です

浅野、勝利とゴールに安堵も試合運びに反省の弁「もっと早く決められた」

フットボールチャンネル 9/6(火) 23:45配信

【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、アウェイでロシアW杯アジア最終予選のタイ戦に臨み、2-0で勝利を収めた。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 1日のUAE戦ではベンチスタートだった浅野拓磨は、岡崎慎司に代わって1トップで先発出場を果たし終盤にゴールも挙げた。その場面を「ハセさん(長谷部誠)がいいボールを出してくれた。僕の動き出しのタイミングとちょっと合わなかったですけど、グラウンドも悪かったですし、自分の中ではボールに触ったら何とかなるかなと思った。シュートは気持ちで押し込ましたし、やっと入ってよかった」と安堵感とともに振り返る。

 しかし、追加点としてはあまりに遅すぎた。試合を通じてタイを押し込み続けた日本だったが、決定機をことごとく外して2点止まり。浅野のゴールが生まれたのは残り15分を切ってからだった。本人もそれを認め「もっと早くゴールを決められたし、試合が決まったと思う。そこは課題としてやっていかないと」と素直に反省の弁を述べる。

 UAE相手の敗戦は「本当に申し訳なかったなという気持ちが強かったですし、僕自身もすごく悔しかった」と語った浅野。勝利で試合を終えて「新たなスタートとして今日は絶対勝とうとチームでも話していたので、まずは勝ち点3が取れたことはよかった」と一安心の様子だ。

 この後は次の日本代表戦まで個人での戦いが始まる。さらに成長して日本代表を背負うストライカーへ飛躍するため、浅野はドイツで新たな一歩を踏み出す。

フットボールチャンネル

最終更新:9/6(火) 23:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革