ここから本文です

常盤貴子「この映画には、81歳の東陽一監督が見つめている“今”がある」

ダ・ヴィンチニュース 9/6(火) 17:30配信

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、井上荒野原作、映画『だれかの木琴』で、池松壮亮演じる若き美容師に執着する主婦・小夜子を演じた常盤貴子さん。監督・東陽一からのオファーに「幸せすぎて死にそうでした」と語る、その作品、そしておすすめの一冊から感じ取った“今”とは――。

「初めてオペラを観たときの衝撃はいまだに忘れられません。まず視覚的に驚いたのは、ひとつの舞台のうえに、同時に100人以上もの演者たちがいるという、これまでのミュージカルや演劇では観たこともない規模の壮大さ。だからこそオペラの劇場は、奥行きも天井高も必要であるし、また、それを運営していくためには、絶対的に観客を呼ばなければいけないという闘いがあるのだと感じました」

「ページを繰るたび、またオペラを観たくなってしまう」と語る、おすすめの一冊『100語でたのしむオペラ』には、そうした芸術の舞台裏の事情も詳らかにされている。それは、中堅として世界的に活躍している指揮者、音楽監督としての、著者ならではの視点。そして彼は常盤さんと同年代でもある。

「本書には、オペラ歌手の方のセリフの持っていきかた、発音などにも言及されていることから、“あ、似たようなことを考えていらっしゃるな”と。私たちは言葉というものに、ちょうど向き合う年代なのかなということも感じました。つい、“これは今の流行りだから”で、流してしまいがちですが、それらと丁寧に向き合い、一方で、伝統も学び、守ることなくしては、後の世代に言葉を伝えていくことはできない。歌の美しさが重視されるけれど、ひとつの演劇であるオペラにおいて、言葉はきちんと伝えなければ、という記述にも共鳴しました」

 映画『だれかの木琴』では、“先の世代”の東陽一監督(81歳)の視点、そして、そこから伝わってくる“今”に大いに感銘を受けたという。

「監督の描いた小夜子は、ストーカーのような行為をしていながら、まともに見えるし、本人も自分が変だとは思っていない。でも、誰かが『それっておかしいでしょ』と言い始めると、人はどこかおかしくなってくる。そうした状況はまさに“今”を映しているなと。81歳の東監督が、そういうふうにこの世界を観ているんだと感じました」

 電車の中で皆がスマホを見続けているなか、小夜子ひとりだけ、あるものをじっと眺めている女性に気づくという印象的なシーンがある。少しぎょっとしながら、自分に流れ込んでくる違和感は、まさに“今”そのものだ。

「監督は、大俯瞰でこの世界を見ていらして、ひゅっとフォーカスしたところが、本作で描かれた小夜子たちの生活という感じがします。そうした意味で、この映画はひとつのジャーナリズムなのだと思います」

(取材・文=河村道子 写真=下林彩子)

『100語でたのしむオペラ』

フィリップ・ジョルダン/著 武藤剛史、田口亜紀/訳
白水社 文庫クセジュ

パリ国立オペラの音楽監督という多面的な役割を担う著者が、その視点を存分に活かして語った“諸芸術を統合する生きたスペクタクル”=オペラ。配役、舞台配置、小道具、練習の諸段階……と、100のキーワードで、オペラがどのようにつくられていくのかを示していく。端正な言葉も魅惑的な、オペラへの誘いの書。

※常盤貴子さんの本にまつわる詳しいエピソードはダ・ヴィンチ10月号の巻頭記事『あの人と本の話』を要チェック!

最終更新:9/6(火) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)