ここから本文です

【日本代表】勝利を切望する岡崎慎司。「勝って気持ちの部分でイーブンに」

SOCCER DIGEST Web 9/6(火) 11:30配信

「判定もあったけど自分たちのミスも多かった」と振り返るUAE戦。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ-日本/9月6日/バンコク
 
 第1戦ではクロスバー直撃のヘディングシュートなど惜しい場面も作ったが、無得点に終わった岡崎。後半途中交代でチームも敗れ、ベンチで悔しさを噛みしめた。
 
「チームとしても個人としても反省しなければいけないゲームだった。判定とかもあったけど、自分たちのミスも多かった」
 
 UAE戦後、攻撃面でチームメイトとの共通認識として持っているのは、よりサイドを有効に使うというイメージだ。
「(初戦は)中に入っていく単調な攻めが多くて外が使えなかった。もっとこういう風にしていったらいいという話をしながら、(敗戦から)自然と気持ちは切り替えられた」
 
 ピッチ外では初戦のジンクスにまつわるネガティブな話題も取り沙汰されたが、気持ちもしっかり第2戦に向かっているようだ。ただし、注目度の高い最終予選だけに、ひとつの負けが与える影響は計り知れない。
 
「いまの自分たちに必要なのは勝つこと。ここで勝って気持ちの部分でイーブンにしたい。(キリンカップのボスニア戦から)2連敗しているので、また負けがつくのでは自信がもてなくなる。勝って次の試合につながるようにしたい」
 
 節目の50ゴールは目前。チームを勢いづけるメモリアルゴールが欲しい。
 
 

タイ戦|予想布陣&プレビュー】ボランチは「長谷部&柏木」コンビが復活か。負ければ文字通り“崖っぷちに”

最終更新:9/6(火) 11:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。