ここから本文です

【日本代表】サラッと「死に物狂いで」と言い切る武藤に課せられた使命

SOCCER DIGEST Web 9/6(火) 12:25配信

小細工はいらない。「ネットに突き刺す」だけ。

 具体的には言及しなかったが、自分がピッチに立った時、いかに相手を崩すかのイメージはできていると武藤は言う。
 
 タイの印象については「かなり組織的で、走るチーム」と語り、「簡単には倒せないと思うし、日本が全力でぶつからなければ勝ち切れない。本当に集中して試合に臨むだけ」と慢心はない。
 
 日本の勝利につながる活躍を誓う。UAE戦では浅野のゴールが誤審で取り消されたように、アジアの戦いではなにが起きるか分からない。だからこそ、思考はいたってシンプルになる。小細工はいらない。「ネットに突き刺して」と、誰が見てもゴールと認めざるを得ないフィニッシュを狙う。
 
 タイの独特の蒸し暑さは、「自分たちのプラスには働かないと思う」。しかし、それを言い訳にするつもりは一切ない。「足先だけでプレーしていたら、やられてしまう」と身体を張る覚悟でいる武藤は、サラッと言い切る。「死に物狂いでやるしかない」と。
 
「どういう状況で自分が出たとしても、しっかりと良いプレーができるように、準備はしておきたい」
 
 UAE戦では出番がなかった。淡々と、静かに言葉を紡ぐが、心の中は悶々としているはず。今のハリルジャパンに漂う閉塞感を打破するのは、すでに臨戦状態に入っているこの男かもしれない。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け…

最終更新:9/6(火) 12:27

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ