ここから本文です

【日本代表】「やっと入った」。浅野が”正真正銘”のゴール!

SOCCER DIGEST Web 9/6(火) 23:50配信

「もっと早くゴールは決められた。そこは課題としてやっていかないといけない」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 タイ戦でスタメンに抜擢された浅野拓磨が期待に応えた。
 
 1点リードで迎えた75分、長谷部誠のパスに抜け出した浅野は、DFとの競り合いを制してペナルティエリア内に侵入。GKとの1対1に持ち込むと、右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。
 
「ハセさん(長谷部)が良いボールを出してくれた。僕の動き出しとちょっと合わなかったんですけど、(雨が降っていて)グランドも悪かったし、自分の中ではボールを触ったらなんとかなるかなと」
 
 1-2で敗れた9月1日のUAE戦ではゴールラインを割ったシュートがノーゴールと判定。「しっかりネットを揺らせるぐらいのシュートを打てるようにならないといけない」と話していただけに、「シュートは気持ちで押し込みました。やっと入って良かった」と胸をなでおろした。
 
 まさかの最終予選黒星スタートとなり、タイ戦は"新たなスタート"として「絶対勝とう」とチームで話していたという。ノルマとする勝点3を手にした一方で、「もっと早くゴールは決められた。そこは課題としてやっていかないといけない」と気を引き締めていた。

【W杯最終予選PHOTO】タイ 0-2 日本|原口、浅野のゴールで初白星!

最終更新:9/7(水) 3:51

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。