ここから本文です

全米で増加中、授乳関係を持つカップル(ANR)の実態とは

ローリングストーン日本版 9/6(火) 21:00配信

安らぎや繋がりを求めるためなど、大人がパートナーの母乳を飲む理由はさまざま。全米で話題となっている「大人の授乳関係(ANR)」の実態に迫る。

バーチャル・リアリティ(VR)を使った性教育は、ポルノ業界にどのような変革をもたらすか?

編集者注:本記事に出てくる個人名のいくつかは、インタヴュー対象者の希望により、匿名性を保護するため仮名を使用しています。

エリー*とギャレット*は、一緒になって6年になる。彼らは純粋に愛し合っており、どちらかが一方に感謝の気持ちを伝える時は優しく互いの肩に触れ合い、会話の間も愛おしそうに見つめ合っている。パートナーに対する彼らの敬意や愛情は、オーストラリアのクイーンズランド州にある彼らの自宅で行っているスカイプのビデオチャットからも伝わってくるほどだ。彼らの自宅は小ぢんまりとして快適そうな雰囲気だ。ギャレットは長時間労働に従事しているが、エリーは自宅で家事に専念している。彼らはいわゆる「授乳」をする関係でもある。エリーは乳分泌を誘発し、ギャレットが飲むための母乳を作っているのだ。

55歳のエリーと57歳のギャレットは、いわゆる「アダルト・ナーシング・リレーションシップ(以下、ANR)」や「アダルト・ブレストフィーディング・リレーションシップ」と呼ばれる関係である。これらの関係はその言葉通りの意味で、「パートナーに授乳をするため、もう一方のパートナーが母乳を作る」関係である。彼らの関係における授乳という部分には性的な側面があると考える人が多いが、アダルト・ナーシング・リレーションシップ(ANR)は、厳密な意味では性的な関係ではない。BDSMや変態趣味などに興味を持つ人向けのソーシャル・メディア・サイトFetLifeでは、ただ、いちゃいちゃしたりテレビを見ながら、授乳をしたり母乳のやりとりをするのを楽しむ時もあれば、セックスの前戯やセックスそのものとして母乳のやりとりを行う時もあるなど、数千人のユーザーがこのトピックについて議論を交わしている。このような関係を始めた動機は驚くほどさまざまで、異性間のカップルに限ったことでもなく、パートナーの母乳を飲む行為を楽しむ女性もたくさんいる。

ANRの関係を始めた理由は人によって大きく異なる。個人的な理由で乳分泌を誘発することにした女性もいるが、おそらく彼女たちは子供を持つことができず、乳を分泌することによって自分の女性らしさを感じたいのかもしれないし、精神的な満足感を得たいのかもしれない。そしてパートナーと母乳を共有することを楽しむ目的もあるだろう。一方、一夫一妻制の関係でANRを行う女性もいる。FetLifeユーザーのある女性の書き込みによると、彼女は夫に飲ませるために乳分泌を誘発しているが、出張の多い夫が不在の間、母乳の供給を維持するために他の男性に母乳を与えているそうだ。38歳の女性チェルシー*は妻(パートナー)とANRの関係で、2年前に乳分泌を誘発することにしたが、その目的は、治療に失敗してから、慢性的な健康上の問題を抱える妻を助けるためだという。さらに、完全に非性的な意味で授乳の関係を始める場合もある。あるFetLifeユーザーは次のように書いている。「授乳について、私自身はプラトニックです。ただリラックスして、毛布にくるまり、紅茶やコーヒー、チャイをすするのと同じ考え方で・・・朝母乳を飲むのが私にとっての理想なのです」

1/5ページ

最終更新:9/6(火) 21:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。