ここから本文です

デスクを整理するだけで驚くほど集中力がアップ!――男のための片付け講座

HARBOR BUSINESS Online 9/6(火) 9:10配信

「稼げる男」は、掃除や片付けにも投資センスが問われる!? 最大限にコスパを意識した家事は、勝負感を鍛えるのにも有効だった! 空間心理カウンセラーの伊藤勇司氏が直々に伝授する

◆不要な本を整理して情報管理力を高める

 自分に足りないスキルや知識を身につけるために、次から次へと本を買い、いまや部屋中「本だらけ」状態になっている貴兄は要注意。

「それは、自分の器以上のことをやろうとしている心理の表れ。本棚の片づけは、自分に必要ない情報をなくすという引き算の発想で行うべきです」

 まずは蔵書の全体量を確認。次に本をカテゴリー別に分類してみよう。

「この段階で、それらの本が本当に自分の役に立つのかを考えてみると、必要のない本が見えてきます。そうして残った本を改めて本棚に戻せば、仕事に関する情報管理がスムーズになり、クオリティの高い稼げる男になれるはずです」

◆玄関を綺麗に保つことでブレない自分をつくる

 相手に左右されず、自在な自己表現ができるようになれば、仕事にも自信が持てるはず。そのために必要なのが玄関まわりの掃除だ。

「まずは、外と内の世界を繋ぐ玄関ドアをピカピカにしましょう。これで自信を持って外へ踏み出しやすくなります。次に、泥やホコリで汚れやすい玄関床の掃除を。外からの汚れを落とし、家の中に入れないことも外の世界に左右されない自分づくりに役立ちます。散乱した靴は靴箱に収納、脱いだ靴はきちんと揃える、景観を損ねる不用品は片づけてスッキリさせておくと心も安定します」

 玄関の拭き掃除と掃き掃除はなるべく毎日行うことで、心理状態がつねにスタンバイOKになる。美しい玄関は稼げる男の象徴なのだ。

◆床置きの物を整理して高額所得者になる

床面積が収入に比例するのなら、片づけはマストで行うべきだが、床置きのものを整理するための収納ボックスなどを足さないこと。

「物が溢れているから収納を足す、という発想の人がほとんどでしょう。でも本当はその真逆。収納する物を限定して減らす、という引き算なのです。本棚と同様、カテゴリーごとに散乱したものを分別するだけでかなりのスペースが確保できるはず」

 また、床掃除で床を拭く“行動”自体も重要だという。

「自らの手で綺麗にする『達成感』を積み上げる行為が、実は大きな心理的効果が。心がリフレッシュし、合理的思考に結びつきやすくなります」

◆実録・机の上をゼロにして集中力がアップした投資家

 伊藤氏のクライアントに、「集中力が出ず、ここぞというときに勝てない」と悩む個人投資家がいた。数十万円の高額な集中力開発セミナーに通っていたが、いまいち結果に繋がっていなかったという。

「彼の机には、トレード用のノートパソコンの両脇に本や書類が積み上げられていました。ものがたくさんあると、無意識下で注意力が分散するのです」

 そこで伊藤氏は彼に、1週間だけデスクにはパソコン以外は何も置かないようアドバイス。すると1週間も経たないうちに「驚くほど集中力が上がり、ここ数日で利益を上げることができた」と報告を受けたという。1分、1円もかからない片付けが数十万円のセミナーに勝る費用対効果を発揮したのだった。稼ぎたい人はぜひ参考に!

【伊藤勇司氏】

空間心理カウンセラー。部屋が片づかない人の悩みを根本から改善。サポート実績は主婦層から会社経営者まで7000人超

取材・文/和場まさみ 安英玉(本誌) 撮影/岡崎隆夫 モデル/豊沢朱門

― 投資の勝負感を鍛える[男の片づけ術]講座 ―

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:9/6(火) 9:10

HARBOR BUSINESS Online