ここから本文です

高畑充希、休日は「芸術を見る」 自分を豊かにするために「お金は惜しまない」

エンタメOVO 9/7(水) 16:42配信

 女優の高畑充希が、7日に東京都内で行われた「ダイハツ 新型軽乗用車 ムーヴ キャンバス 発売イベント」に登壇した。

 このイベントでは、「自身のライフスタイルを楽しむ女性に寄り添う新感覚スタイルワゴン」というキャッチフレーズのダイハツ新ムーヴにちなんで、自身のライフスタイルを楽しみ、自分を磨く女性を“育自ウーマン”と定義。

 高畑は、自分磨きについて、「いろんな人を演じる仕事なので、おのずと新しい職業を演じる時に(いろいろな)技術を新しく取り入れることが多いと思う」と語った。

 さらにプライベートでは「仕事に反映できるように、自分を豊かにするために、芸術を見たりします。いいものを見たり、いい人たちに会うためのお金は惜しみなく使っている」と明かした。

 なお、この日のイベントでは、新ムーヴと背景の写真を雑誌の誌面に見立て、高畑が空間をプロデュースする企画も行われた。ピクニックをイメージした食材やグッズを並べ、ハンモックで飾り付けた高畑は、「シャレオツですね」と自画自賛し、笑顔を見せた。

 そして、「デザインもかわいらしい。『もう少し、これがあったらいいな』の『もう少し』を叶えてくれる車」と商品をアピールした。

最終更新:9/7(水) 16:42

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。