ここから本文です

長谷川博己、漱石役に「プレッシャー」 不安を吹き飛ばしてくれたのは“妻”尾野真千子

エンタメOVO 9/7(水) 19:48配信

 NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」の試写会が7日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子、長谷川博己、黒島結菜、舘ひろしが出席した。

 この作品は、明治という激動の時代を駆け抜け、ともに成長していく夏目漱石夫妻の姿を、妻・鏡子の視点から、生き生きとユーモアを交えながら描くエンターテインメント・ホームドラマ。

 鏡子役に挑んだ尾野は、撮影を振り返り「けんかしたり仲直りしたり、いろんなことが台本上で起こるので(最初は)心配していたのですが、長谷川さんと芝居を交えてみるといつも楽しくて、せりふが覚えられないといった “苦”もありませんでした」とコメント。

 一方、漱石役の長谷川は、日本を代表する文豪の役とあり「初めはものすごくプレッシャーでした。脚本家の池端(俊策)先生に初めてお会いした時も、『目の前で見たらこんなに背が高いんだね』『夏目漱石はもっと低くてそれがコンプレックスだったんだよ』と言われ、まさかここから僕の配役が変わるんじゃないかな?と心配になるぐらいでした」と当初は不安もあったそう。

 それでも撮影が始まってからは「僕がどんな芝居をしても、尾野さんが受け応えてくれて、そのキャッチボールがとても楽しくて、いろんな不安も忘れてしまいました」と順調に撮影が進んだことを明かした。

 また、このドラマで描かれる鏡子は、大らかで自分の考えをすぐに口にするような女性だが、役作りについて尾野は「あまり難しくは考えておりませんでした。もう見たまま。夏目漱石という人が、怒っていたら怒っていたように、笑っていたら一緒に笑い…という感じで。この人を愛していけばいいんだ、この人に寄り添えばいいんだと何も考えずにやっておりました」とコメント。

 長谷川も、漱石の資料を読んだり、高校教師として赴任した熊本を事前に訪れるなど、役作りは入念に行ったが「現場で実際に鏡子を演じる尾野さんに会った時にそういうのを一切忘れて、“尾野鏡子”だと思ってやるような感覚でした」と言い「脚本も素晴らしいですけど、台本を土台に僕らが飛躍できたのは、(現場で)自由にやらせてもらえたからだと思う」と相手の呼吸を感じながら芝居を作っていったことを明かした。

 ドラマは、NHK総合で9月24日午後9時から毎週土曜日に放送(全4回)。

最終更新:9/7(水) 19:48

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。