ここから本文です

雨女100人と雨男100人に聞きました 雨が降る時に多いジンクスは?

オーヴォ 9/7(水) 16:21配信

 “この人が参加するイベントは必ずのように雨が降る”雨女、雨男と言われる人がいる。そんな全国の雨女100人、雨男100人を対象に東京マルチメディア放送(東京)は、秋の行楽シーズンを前に、レジャーと密接な関係にある天気について実態調査を行った。

 今回、調査対象となった雨女・雨男たちは、半数近くが自他ともに認める雨女・雨男だが、自分で密かに思っている「隠れ」雨男・雨女が3割、自分ではそう思わないが周りから言われる「無自覚」が2割となっており、もしかしたらあなたも周りから“雨女”“雨男”と呼ばれているかもしれない。ちなみに、雨女・雨男で“あるある”の第1位になったのは「今日だけは降らないで欲しかったのに」(78.0%)! そういえば、大事な日に限ってよく雨に祟られる・・・そんなアナタは間違いなく、雨女・雨男だろう。

 雨女・雨男に対して、雨が降るジンクスがあるか聞いたところ、12人が「洗車をすると雨が降る」と回答。さらに、「旅行に出かけたら」や「掃除・洗濯をしたら」雨が降ると答えた人も多かった。

 最後に、雨女・雨男の中で「毎日折りたたみ傘を持ち歩いている人」は3割に満たない。日本では毎日雨が降る訳ではないので、こんなものなのかもしれない。

最終更新:9/7(水) 16:21

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。