ここから本文です

平和って何? 日本は平和だと思う人は6割弱

オーヴォ 9/7(水) 17:27配信

 テロや移民排斥、地域紛争から議会でのデモ隊放火まで、“平和”という言葉からほど遠い話題が連日流れているが、比較的平和、といわれてきた日本でも、自国が平和だと思っている人は6割に満たないことが、ネットエイジア(東京)の「国際平和に関する調査2016」で分かった。

 全国の15~59歳の男女1,000人の回答を集計。まず平和とは何か聞いたところ、「世界中から紛争・戦争がなくなること」(65.8%)、「治安が守られていること」(65.2%)が上位。次いで、「家族と平穏に暮らせること」(54.6%)、「日常生活において何の心配もなく暮らせること」(52.4%)と続いた。男女別でみると、差が大きかったのは「貧困や飢きんがなくなること」で、男性35.6%に対し、女性61.8%と、26.2ポイントも差があった。

 「今、日本は平和であると思う」人は、全体で57.1%。世代別にみると、10代では、男女ともに6割半以上だったが、50代では、男性は56.0%、女性は47.0%と半数を下回った。ちなみに「今、世界は平和であると思う」人も18.9%いた。

最終更新:9/7(水) 17:27

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ