ここから本文です

W杯最終予選戦う日本代表ハリル監督「簡単ではなかったが、非常に重要な勝利」

東京ウォーカー 9/7(水) 6:45配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第2戦が、9月6日(火)に行われた。

【写真を見る】日本代表の完封勝利を振り返ろう!

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、敵地でタイ代表と対戦。18分に原口元気選手が先制点を挙げると、75分には浅野拓磨選手が追加点を奪った。

守備陣もタイ代表を完封し、2-0と快勝した。

日本代表を率いるヴァイッド・ ハリルホジッチ監督は試合後、「簡単ではなかったが、非常に重要な勝利だった」と、最終予選の初白星を振り返った。

1日(木)の初戦でアラブ首長国連邦(UAE)代表に1-2と敗れた後の一戦。「このチームがどのような心理状況で試合に臨むのか不安もあったが、この試合に本当に勝ちたいという気持ちで臨んだ」とコメント。勝利したことで、「選手を祝福したい。ここから日本がより強くなってくれると思う」と口にした。

先発メンバーはUAE代表戦から、原口選手と浅野選手、山口蛍選手の3人を変更。「少し競争を見たかった。同時に、何人かの選手が疲労を抱え、けがもあったので、若い浅野をはじめ新しい選手を試した。経験のある選手と若い選手を競争させたかった」と理由を語った。

新たに先発出場させた原口選手と浅野選手が得点。采配が的中する形になり、「出場した選手は良いプレーをしてくれた。そして偶然というか、彼らがゴールを決めてくれたおかげでチームに良い雰囲気をもたらしてくれた」とコメント。一方で、「選手を替えたのは、(外れた)彼らが悪かったからではない。UAE代表戦もまったく良い試合でなかったわけではなかった。ただ、このチームにフレッシュさをもたらしたい意図があった」と続けた。

最終予選は来年9月まで実施。日本代表の入るグループBには、タイ代表の他、UAE代表、オーストラリア代表、サウジアラビア代表、イラク代表が同居。グループ上位2カ国に本大会への出場権が与えられる。

1勝1敗となった日本代表は、10月6日(木)の第3戦でイラク代表と埼玉スタジアムで対戦。負けられない戦いに挑む日本代表に、声援を送ろう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/7(水) 6:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ