ここから本文です

モー娘。えりぽん&チェルがナギスケ&江頭を救う!?

Smartザテレビジョン 9/7(水) 15:18配信

モーニング娘。'16の生田衣梨奈、飯窪春菜、尾形春水、野中美希が、9月9日(金)放送の「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)に出演。「ぷっすま イカ部」の後編で、イカ釣りに挑戦する。

【写真を見る】えりぽん、「ぷっすま イカ部」959日ぶりにイカを釣り上げる!!

「ぷっすま イカ部」は今回が5回目。だが、初回で釣れた以外は全くイカを釣れておらず、草なぎ剛ら「イカ部」メンバーはその原因を「ユースケ・サンタマリアが朝早いのを嫌がって、昼過ぎに釣りに出掛けていたため」と分析。

そこで、今回のロケは早朝5時30分からスタートすることを決意。ロケは草なぎ、鈴木拓、大熊英司アナの3人でスタートし、ユースケは欠席と思われた。だが、草なぎ考案の「ユースケが絶対にロケに来る秘策」が功を奏し、ユースケはモーニング娘。'16の4人と共に早朝からのロケにやって来る。

「えりぽん(生田)が来てくれるんだったら、大概の事はやる」とご機嫌のユースケは、「頑張って生田!」というお決まりの掛け声と共にイカ釣りに出発することに。

だが、ここで「イカ部」のライバル団体「エガ部」の江頭2:50が乱入。メンバーが1人の「エガ部」は飯窪、尾形、野中の3人を強奪し、「負けた方が廃部」を条件に「イカ部」に戦いを挑む。

「多くのイカを釣った方が勝ち」「負けた部は即廃部」というルールの下、「イカ部」は10杯を目標に設定。「イカ部」「エガ部」共にイカを求めて海に出るが、強い風が体温を奪い、体感温度は真冬並みという厳しい条件の中、それぞれのメンバーはイカ釣りに奮闘する。

生田は「釣れないですね。ちょっとナメてた」と苦戦している様子。一方、ユースケは生田と「今後のモー娘。」などついてのおしゃべりを楽しむ一幕も。そんな中、生田が「イカ部」959日ぶりにイカを釣り上げ、鈴木も続き「イカ部」を救う。

また、「エガ部」でも野中がイカをゲット。「エガ部」がイカを釣り上げたのは初で、「I got a squid(釣れたよ)」と帰国子女らしく得意の英語で笑顔を見せる。

そして、後編では鈴木が2杯を一気に釣る場面も。「イカ部」と「エガ部」、どちらが多く釣れたのか? 廃部になるのはどちらなのか? 楽しそうなモー娘。の姿、うれしそうなユースケの表情と共にチェックしたい。

最終更新:9/7(水) 15:18

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。