ここから本文です

タカラトミー、さかなクン監修の立体巨大グミ制作キット発売

東京ウォーカー 9/7(水) 18:11配信

タカラトミーアーツは、“さかなクンと作って、食べて、遊ぼう!”をテーマに、さかなクンと共同開発した立体巨大グミ製作キット「深海魚研究所 ダイオウイカとなかまたち」と「深海魚研究所 メガマウスザメとなかまたち」(希望小売価格・各税抜2980円)を、11月10日(木)に同時発売する。

【写真を見る】好みのジュースとゼラチン、砂糖を混ぜたグミ溶液をトレーに注ぎ、冷やすだけで全長17.5cmのダイオウイカグミの完成!

これは、好みのジュースで、ダイオウイカやメガマウスザメといった“超巨大深海魚グミ”を作ることができる製作キット。独自に開発した型を使って作る360度完全立体のグミの大きさは全長約23cmもあり、リアルな造形に加えてグミならではの質感と食感が楽しめる。

まるで本物のような造形の秘密は、東京海洋大学の名誉博士であり、客員准教授でもあるさかなクンが、背びれの位置や吸盤の列数など、魚の形態を細部まで監修したグミトレー。さらに、さかなクンの直筆イラストが描かれたミニブック「解説!深海魚」を読めば、作って食べるだけでなく深海魚についても学ぶことができる、まさに“飛び出す図鑑”となっている。

グミの作り方は、ジュースとゼラチン、砂糖を混ぜて鍋で温めて作ったグミ溶液をポットに入れて、グミトレー(大)に注ぐだけ。あとは冷蔵庫で約60分冷やしてハコフグナイフで余分なグミを削げば、実際に食べたことがある人は少ないであろう“深海魚”を手軽に食べることができるのだ。

さらに、ニュウドウカジカとメンダコ、ダイオウグソクムシとオウムガイのグミが作れるトレー(小)もそれぞれに付属。食べる際は、形を生かした盛り付けを考えるのも楽しそうだ。

博士気分でグミを作れば深海魚についても学べる楽しい商品。ジュースの色や味を変えてあなただけの深海魚グミを作ってみてはいかが。【東京ウォーカー】

最終更新:9/7(水) 18:11

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。