ここから本文です

アキバで発見! こだわりアイスの極上マリアージュ

東京ウォーカー 9/7(水) 21:38配信

東京・秋葉原のドン・キホーテ・AKB劇場の1階に、アイスクリーム専門店のヤムヤムモンキーがオープンした。開店以来、こだわり素材を贅沢に使った上質のフレーバーで大人気の同店の魅力を、動画サイト「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の菊原梨華さんが体験!

【写真を見る】“アキバのメインストリート”と言える中央通り沿いにある同店

“アキバのメインストリート”と言える、中央通り沿いにある同店。常時14~15種類のアイスクリームを、シングル(400円)、ダブル(550円)、トリプル(700円)、クアドラプル(850円)の4サイズで提供するスタイルだ。

フレーバーは季節によって変わるが、取材時は「なつかしラムネ」「ヨーグルティーノ」「バニラ」「濃厚抹茶」「ベルギーチョコ」「ヘーゼルナッツ」「ピスタチオ」「ビターチョコスペシャル」「カシス」「マンゴーラズベリー」「レモンミント」「愛媛清見みかん」「山形ラ・フランス」「沖縄たんかん」「栃木とちおとめ」の15種類。

厳選された国内産の果物を使ったフレーバーが充実しているのも特徴で、お店のスタッフによると、アイスの試作は600種類以上に及び、その中から選びぬかれたものがオープニングフレーバーとなったのだとか。というわけで、さっそくアイス選びを始める菊原さんだが……。

「どれもおいしそうで決められません!」ということで、今回は特別に全種類を試食させていただけることに!

「組み合わせは好みがありますが、定番のバニラ、チョコ系、ヨーグルティーノの中からベースを選び、果実系のフレーバーをあわせるのが基本です」とスタッフの方は説明。

「全部おいしい……」と、菊原さんは悩みに悩んだ末、濃厚な「ビターチョコスペシャル」に甘酸っぱい「カシス」を合わせ、さっぱりとした「愛媛清見みかん」を加えたトリプルをチョイス!

「濃厚なチョコと甘酸っぱいカシスの組み合わせが抜群。爽やかな清見みかんがアクセントになって最高です!」と、菊原さん。

「これからの季節は、濃厚なチョコはナッツ系と組み合わせてもはハマりそう!」と、あっという間に完食。

また同店は現在、パティシエらも参加して旬の素材を使った新フレーバーを開発中で、9月中には栗などを使ったものも提供開始する予定とのこと。アイスが夏だけの楽しみと思ったら大間違い。この秋、こだわりアイスクリームのマリアージュをアキバで体験してみてはいかがだろうか。【東京ウォーカー/取材・文=杉山元洋】

最終更新:9/12(月) 18:56

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。