ここから本文です

Kis-My-Ft2、メンバー間の露出格差が浮き彫りに! 事務所の派閥争いが影響か

週刊女性PRIME 9/7(水) 16:30配信

 9月19日から3夜連続で放送されるフジ系ドラマ『バスケも恋も、していたい』。このほど『Kis-My-Ft2』藤ヶ谷太輔の主演が発表された。

「ドラマに舞台、映画と今年、主演作に出続けているのは藤ヶ谷太輔だけ。もとは玉森裕太がセンターだった『キスマイ』ですが、I元マネージャーの退社後は、藤ヶ谷ばかりに仕事が舞い込んでいる印象。彼はJ副社長のお気に入りなんだとか」(芸能プロ関係者)

 I元マネージャーなきあと、SMAPとの関係が密接だった『Kis-My-Ft2』のあいだにも仕事の偏りが出始めているという。

「撮影は8月下旬に静岡県内の高校から始まり、その後は横浜など関東圏内で集中ロケが行われています。ドームツアーが終わったばかりなのに、彼だけが忙しい思いをしていますね」(テレビ誌記者)

 1月は日テレ系の連続ドラマ、5月に東京と大阪で舞台に出演。そして6月には映画が公開されると、7月から8月中旬までコンサート。その間も新曲をリリース、音楽番組やレギュラー番組にも出演と、多忙の1年を送っている。

 一方の玉森裕太は昨年ドラマ3本、映画にも1本出演していたが、今年は'12年から毎年出演する舞台のみ。やっと先日、藤ヶ谷のドラマと同時期に、米映画『キング・オブ・エジプト』吹き替え版での声優出演が発表された。

「例えば、ジブリ作品だったり、大ヒットが約束された超話題作というわけではありません。玉森クンの“無駄遣い”にならなければいいのですが……」(映画ライター)

 8月にはI元マネージャーとのホテル“密会”を『フライデー』にキャッチされた玉森。今なお芸能界復帰へ“暗躍”がウワサされるIさんだけに、動向が気になるところではある。

 最年長の北山宏光もおとなしくなった。昨年はドラマの仕事もあったが、

「今年はゼロ。しかも3年間続けていたラジオも3月に突然の終了。特に中居さんにかわいがられていた北山は“I派”の色は濃いですね。8月のコンサートMCでも“スルメさん”を懐かしがっていました」(スポーツ紙記者)

 “スルメさん”とはキスマイ、特に横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永ら『舞祭組』にたびたび絡んでいた中居正広扮するキャラクター。思えばプロデューサーの中居が、舞祭組初アルバムの制作発表をしたのが昨年9月のコンサートでのことだった。あれからすでに1年、いまだアルバムは発売されていない。

「本来ならアルバム発売と同時に、舞祭組コンサートも検討されていたといいます。しかし、中居クンは正直、この1年にあったことを考えるとプロデュースどころではなかったのでしょう」(レコード会社関係者)

 SMAP解散騒動で一番あおりを受けたのかもしれない舞祭組。だが、彼らは決して望みを捨ててはいないようだ。

「今でもメンバーは“キスマイの…”に加えて、“舞祭組の…”と自己紹介しています。中居クンから贈られた、それぞれの名前が刺しゅうされた高級スーツを着て歌うことをあきらめていませんよ」(前出・レコード会社関係者)

 今年で5周年を迎えたキスマイ。メンバーそれぞれ記念の年になればいいのだが。

最終更新:9/7(水) 16:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。