ここから本文です

今年で15周年! BIGBANG、AAAなどが出演した「a-nation」2daysをレポート

週刊女性PRIME 9/7(水) 5:00配信

 2日間で11万人を動員した『a-nation stadium fes.2016 powered by dTV』(8月27、28日)が、東京・味の素スタジアムで行われた。

 今年で15周年を迎える『a-nation』は両日ともあいにくの雨模様だったが、出演アーティストのパワーに会場は大盛り上がり! 27日はBIGBANG、28日は浜崎あゆみがトリを務めた夏の祭典を誌上レポート♪

★BIGBANG

 3年連続でヘッドライナーを務めたBIGBANGだったが、メンバーのV.Iがスケジュールの都合で参加できず4人でのステージ。1曲目の『BANG BANG BANG』から会場を沸かせ、MCでは「4人でも問題ないですよね~? (笑)」などと冗談で笑いを誘ったが、「来年のa-nationはV.Iを連れて5人でステージに立ちたいです」とメンバー同士の絆は健在。今年で韓国デビュー10周年を迎え、11月からは日本でのドームツアーを控えた彼ら。全12曲を披露して「10年間愛してくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします!」

★iKON

 BIGBANGの後輩グループ・iKONは初めての出演に「a-nationのステージに立つことができて光栄です! 最後まで楽しんでください!」と、パワフルなパフォーマンスで会場を魅了。デビュー曲『MY TYPE』や、世界各国の配信チャートで1位を獲得した最新楽曲『#WYD』などで盛り上げた。9月10日の幕張メッセイベントホールを皮切りに、今年2回目のアリーナツアーを開催。

★DAIGO

 大きな歓声の中登場したのは、煌びやかな蝶の羽を背負ったDAIGO。「今年、KK(北川景子)さんとKK(結婚)したんですけど、披露宴でサプライズした曲を歌いたいと思います」と、おなじみのDAI語でMCを。プロポーズソング『KSK』に続き、SMAPの『世界に一つだけの花』を木村拓哉や福山雅治のモノマネで歌うなど多彩な姿を見せた。

★TRF

 15年連続の皆勤賞を誇るTRFは、大勢のダンサーを従えて登場。貫禄のパフォーマンスと、大ヒット曲『BOY MEETS GIRL』『EZ DO DANCE』でボルテージは最高潮に! DJ KOOが「15年間ありがとう!」と叫ぶと、大きな歓声に包まれた。ラストは『survival dAnce ~no no cry more~』で締めくくった

1/2ページ

最終更新:9/7(水) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。