ここから本文です

リアル『家売るオンナ』座談会「ドヤ顔してる暇なんかない」「男って単純~!」

週刊女性PRIME 9/7(水) 11:30配信

 北川景子が演じる、超強気な不動産営業チーフの三軒家万智があらゆる物件を売りまくるドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)が絶好調。三軒家は手段を選ばずにガンガン家を売りさばいていく。でも、不動産会社には本当にあんなスーパーウーマンがいるの? そこで、実際の“家売るオンナ”たちにリアルな本音を語り合ってもらった。ドラマと現実の違い、仕事の苦労話など気になる業界のウラ側は――

<座談会メンバープロフィール>
Aさん(20代)中堅不動産勤務、入社3年目。賃貸仲介営業
Bさん(40代)大手不動産勤務、売買営業。今年、他業界から転職
Cさん(30代)中堅不動産勤務、入社8年目。元賃貸営業担当
Dさん(50代)中堅不動産勤務、入社15年目。売買営業担当

勝ち気なくらいじゃないと、この業界はやっていけない

──職場でもみんな見ている? 

Bさん(以下B)「放送翌日に社内でドラマの話題も出ます。もちろん、私は毎回見ています。みなさんはどうですか?」

Cさん(以下C)「業界の話だから、見ている社員は多いですね」

Dさん(以下D)「みんな録画してるんじゃない? 後輩と“あのシーンはないよね”なんて話したり。劇中の“家を売るだけでいいのよ”というセリフはちょっと気になったかな……。本当は、その後のフォローも大事だからね」

──三軒家チーフのような女性は実際に存在する? 

Aさん(以下A)「賃貸物件を扱う私の会社はおとなしめの人が多いのですが、売買物件の会社だとガンガン売り込むタイプの人もけっこういるみたい」

B「そうかもね(笑)勝ち気なくらいじゃないと、この業界はやっていけないところもあるしね」

C「ですよね。私の会社も、“狩りに行くぞ!”という感じでお客さまに営業する先輩がいましたよ。その人は意気込みだけでなく、何でも答えられるように綿密に下見をしていました。営業成績はダントツで、3年目ぐらいで支店長に昇進していましたよ」

B「三軒家チーフじゃん! (笑)でも、私も“男性社員には負けたくない”と思って、毎日、頑張ってるよ」

D「私たちの会社は、“売れない家はない”ではなく、“売れない家もいつかは売れる”というスタンスなので、少しタイプが違うかも(笑)」

──劇中では、新人にサンドイッチマンをやらせたり、手に受話器をテープでくくりつけて営業電話をかけさせたりするパワハラが描かれてましたが……。

B「あれを今やったら、間違いなくコンプライアンスに引っかかりますね。ただ、新人時代はチラシ配りとテレアポをみっちりやらされます。チラシは1日500枚、テレアポは100件以上。契約を取るというより、新人のメンタルを鍛えるという意味があるのかも……」

D「そうだと思うよ。そういう積み重ねで成長していくからね」

1/3ページ

最終更新:9/7(水) 11:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)