ここから本文です

「エシカル消費」をテーマに論文を募集

オルタナ 9/7(水) 19:30配信

公益社団法人消費者関連専門家会議 ACAP(エイキャップ)はこのほど、「エシカル消費」などをテーマにした小論文を募集している。一般・学生(18歳以上、グループも可)が対象で、10月31日まで受け付けている。最優秀作品には「内閣府特命担当大臣賞」と副賞10万円が送られる。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

この論文コンテストは、エイキャップが1985年から開いてきたもの。消費者問題に関して、「わたしの提言」として、一般から論文を募集してきた。今回は、エシカル消費など5つのテーマから一つ選んで執筆する。テーマはエシカル消費以外には、「これから必要な消費者教育」、「消費者に対して企業が担うべき役割」、「みんなの強みを活かせ~安全・安心な社会に一億総活躍~(平成28年度消費者月間テーマ)」、「自由課題(テーマ自由)」の5つ。

論文の文字数は2000~8000字。日本語で未発表のものに限る。審査員の審査により、最優秀作「内閣府特命担当大臣賞」(副賞10万円)、優秀作「ACAP理事長賞」(副賞 5万円)、入選作(副賞3万円)が決まる。発表・表彰は来年1月を予定している。

最終更新:9/7(水) 19:30

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。