ここから本文です

ランチ前に90%の仕事を片付けるための16の小ワザ

ライフハッカー[日本版] 9/7(水) 12:10配信

想像してみてください。ランチの時間がやってくる前に、満足げなため息をひとつつきながら席を立ち、ぶらりと車に向かって歩いてゆき、午後出かけるゴルフコースのことを想像しながら、のどかでストレスのないランチをとりに車を走らせる光景を。

これは現実にできます。仕事の90%を、いやそれ以上を、午前中に終わらせることは可能です。他の人がコーヒーのお代わりに手を伸ばそうとする頃、皆さんはMacbookをシャットダウンして、まったりすることができるのです。

どうやって? 私がこれから、生産性を高める16のすばらしい小技をお教えします。でも最初に、前提条件を決めさせてください。

第1に、仕事の定義は、みなさんがやる作業とします。会議はその対象外にしてもよいでしょう。第2に、このやりかたはパレートの法則に基づいています。パレートの法則によれば、80%の成果は、20%の努力から生まれています。午前中に仕事を終えるというのは、重要なタスクに対して、より少ない努力でのぞむということです。しかも賢いやりかたで。

1. 前の夜のうちに、次の日の計画をたてる

毎日、すべてのタスクと、次の日のいつそれをするのかをリストアップします。翌日の午前中にやろうとすることすべてを計画しておかない限り、生産的な仕事はできません。

ポイントは、多くのことを計画し過ぎないことです。やることリストのスケジュールを少なめに保ち、本当にすべきことを、きちんと達成できるようにしましょう。

2. 前の夜のうちに、オフィスの机を整理しておく

オフィスが散らかっていると、集中力が乱れます。机に貼ってある「ボブに今すぐ電話して!」という付箋が、1日をダメにしてしまうかもしれません。きれいに整理された清潔な環境に出勤することで、考えもはっきりとして、より仕事に打ち込めます。

3. とんでもない時間に起きる

本当に仕事を終わらせたいなら、それができるような時間に起きる必要があります。おすすめは、5時半から6時半の間です。朝の習慣にもう少し時間がかかるのであれば、起床時刻をもう少し早くしましょう。もちろん、寝る時間もそれに応じて早くする必要があります。

1/3ページ

最終更新:9/7(水) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ