ここから本文です

「バカ」「まずい」「キモい」「つまらない」のオンパレード――ある意味今一番“ヤバい”雑誌!?「実話BUNKAタブー」の真の狙い

サイゾー 9/7(水) 15:00配信 (有料記事)

――「オタクがキモくてヤバい」「マツコ・デラックス絶賛グルメ全部まずい」など少ない(!?)ボキャブラリーを駆使して、世の中の流行りものにケチをつけまくる雑誌「実話BUNKAタブー」をご存じだろうか。定期的にネットで炎上するこの雑誌だが、実際に読んだことがある人はそう多くないはず。何がしたいのか、編集長に聞いてきた。

■グルメ企画は「全部まずい」が基本

【1】「芸能界グルメ王美食祭 高くてまずいB級グルメばかり!」(16年7月号)

グルメ企画は雑誌の看板。『家系ラーメンすべてまずい』『ココイチ当然全部まずい』に象徴される「全部まずい」が定番の切り口。ほか『チェーン店パスタ一番まずいのは?』や『吉野家どれがまずい?』といったB級グルメが標的にされがちだが、なかには『モスバーガー全部まずい』『神保町のカレー屋地獄巡り』などのとばっちり系もあり。勝俣州和とアンジャッシュ渡部建が選ぶ名店の味が揃った「芸能界グルメ王美食祭」のイベントリポートでは、「不快」「茶番」「粗悪」などの文言が並び、最後は丁寧に「激まず店ランキング」でダメ押し。


■ブームになれば古典にだって唾を吐く

【2】「どう考えてもつまらない化石カルチャー 落語がブームという異常」(16年8月号増刊)

流行りものには乗っかってなんぼの雑誌業界だが、あえて叩くのが「BUNKAタブー」のやり方。『スターウォーズに並ぶ頭の悪い人たち』『マンガ大賞2016のマンガがどれもつまらない』『ベビメタブームに乗っかるダサいヤツらを大研究』などなど。そして『どう考えてもつまらない化石カルチャー落語がブームという異常』特集では、「おっさんが一人で話しているだけで喜べというのも無理がある話」「落語家は無能」と言い放ち、弟子入り制度については「映像をYouTubeかなんかで見て勉強すれば事足りる」と言いたい放題。本文:5,403文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9/7(水) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体